浸水被害の学校が再開 被災生徒の“心のケア”実施へ 長野

©株式会社長野放送

(記者リポート)「学校の一部が浸水の被害にあいましたが、再び児童の姿が学校に戻ってきました」

長野市内では床下浸水した松代小学校と篠ノ井東中学校の2校が再開しました。

「おはようございます」

(児童の登校を見守る・堀孝さん・81)「子どもたちは元気でみんな来て、声も出てましたから安心」

校庭が池のようになった篠ノ井東中学校は、きょう16日までに大量の消石灰を撒いて消毒し、再開しました。

被災した家庭の生徒もおり、学校は心のケアにも取り組みます。

(篠ノ井東中学校・山森俊浩校長)「子どもたちに寄り添いながらの再開と考えている」

床上浸水に遭った5校については、片付けと消毒が終わり次第順次再開する予定です。