欧州委員会、ブロードコムに警告

他社排除契約の即時停止を要求

©一般社団法人共同通信社

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は16日、米半導体大手ブロードコムが「独占的地位を乱用」し、チップセットと呼ばれる半導体製品を顧客に販売する際、他社製品は購入しないとする条項を契約書に盛り込んでいると指摘、市場競争を妨げるこうした行為の即時停止を求めた。EU競争法(日本の独禁法に相当)に基づく調査の途中でこうした命令を出すのは異例。

 EUの競争政策を担当するベステアー欧州委員は記者会見で「ブロードコムの行為に介入せず放置すれば、深刻かつ取り返しの付かない損害が生ずるだろう」と述べた。