献血PRに「胸強調」女性キャラで疑問の声も 日赤「セクハラという認識は持っておりません」

©株式会社ジェイ・キャスト

日本赤十字社と漫画「宇崎ちゃんは遊びたい!」がコラボレーションした献血キャンペーンで登場するキャラクターなどをめぐり、ネット上では議論が巻き起こっている。

プレゼントとしてもらえるクリアファイルのデザイン(日本赤十字社側のウェブサイトより)

登場する胸の大きい女性キャラクターをめぐり、ネット上では、「公共的な団体が掲示する内容ではない」「日本赤十字社が『胸の大きすぎるアニメ絵』を広報に使用する必要はない」と言った批判の声や、「若者に献血に来て欲しいから、若者に人気のコミックのキャラクターを使ったポスターを作ったってだけの話じゃないのかな」という声が上がっていた。

「過度に性的な『宇崎ちゃん』を使ってキャンペーンをよく行ったものだ」「いやらしさを感じない」

ポスターのデザインには、キャンペーンの第1弾プレゼントにあしらわれている絵と同じものが使われているのが確認できる。キャラクターは、「センパイ! まだ献血未経験なんスか?ひょっとして・・・・・・注射が怖いんスか~?」と述べている。KADOKAWAによると、主人公の大学生らが登場する、ドタバタラブコメディー。

批判の発端のひとつとなったのは、10月14日夕に投稿されたツイート。投稿したユーザーは、ポスターの写真を投稿して英語で、「赤十字の仕事には敬服する」などとしつつも、「日本では、過度に性的な『宇崎ちゃん』を使ってキャンペーンをよく行ったものだ」などと指摘した。(編注:いずれも編集部訳)

ツイッターでは他にも、

「公共空間で環境型セクハラしてるようなもの」
「女性をモノ扱いしていると見なされかねない」
「日本赤十字社が『胸の大きすぎるアニメ絵』を広報に使用する必要はない」

などの声が相次ぐ一方、

「若者に献血に来て欲しいから、若者に人気のコミックのキャラクターを使ったポスターを作ったってだけの話じゃないのかな」
「イラストは露出もないしとくにいやらしさを感じない(中略)若者の献血が増えるのであればWinだと思います」

など、キャンペーンの内容に理解を示そうとする声もあった。

日本赤十字社は、どのような見解なのだろうか、広報担当者に16日、J-CASTニュースが取材し、次のような回答が得られた。

担当者は「今回のキャンペーンはあくまでも献血にご協力いただける方へのノベルティとし実施したもので、セクシャルハラスメントという認識は持っておりません」と回答した。「献血の推進においては、これまでも多くのアニメ作品からご支援をいただき、好評と実績を得てきたことから実施しているものです」としつつも、「今回のようなご指摘については、真摯に受け止め、今後の参考とさせていただきます」と見解を示した。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)