ビール消費1万8000リットル超 ラグビーW杯 札幌ドーム1試合換算 日ハム、コンサ戦の4.6倍

©株式会社北海道新聞社

 札幌ドーム(札幌市豊平区)で行われたラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の試合で消費されたビールは、1試合で1万8千リットル超に上ったことが札幌市のまとめで分かった。プロ野球北海道日本ハムやサッカーJ1北海道コンサドーレ札幌の1試合での量の約4.6倍に相当するという。

 札幌ドームでは9月21日にオーストラリア―フィジー戦、22日にイングランド―トンガ戦が行われた。ビール販売量は21日(来場者3万6482人)が約1万8千リットル、22日(同3万5923人)は約1万9千リットルだった。ちなみに「さっぽろ大通ビアガーデン」の一日の平均消費量は約1万5千リットル。

 16日の市議会決算特別委員会で市が報告した。市スポーツ局は「ラグビーW杯来場者の4割に達した外国人ファンのビール消費量の多さがあらためて示された」と話している。(竹内桂佑)