日米貿易協定に「為替条項」なし

ムニューシン財務長官が確認

©一般社団法人共同通信社

ムニューシン米財務長官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は16日、日本と米国が7日に正式署名した貿易協定には、意図的な通貨安誘導を防ぐ「為替条項」が「盛り込まれていない」と記者団に述べた。日本側も含まれていないと説明しており、これを確認した形だ。

 米財務省は5月、主要な貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を発表し、日本などを通貨政策の「監視対象」に指定。一連の交渉では米側の出方が注目されていた。

 ムニューシン氏は、今後の日米交渉に関し「来年に(交渉の席に)戻るかどうかはコメントできない」と明言を避け、中国などとの協議に集中したいとの意向を示した。