【七五三お参り】荷物になるのは百も承知!それでも〇〇は持っていくべし

©株式会社サンケイリビング新聞社

意外と多い!当日にレンタル着物スタイル

皆さん、七五三にはどんな格好をしていきますか?
大人はスーツ、お子さんは着物でしょうか?
我が家は男子しかいないため、普段から着飾るということに疎め。それは七五三の時でも変わらずで、お参り当日は子どももスーツで行くつもりでした。何なら白いシャツに黒っぽいズボンでもいいや~程度に考えていました。が、息子が当日も着物を着たい!と言いだしたのでビックリ。慌てて調べると、今は男の子のレンタル着物も充実しているんですね。しかもスタジオで前撮りし、そこで当日の着物をレンタルするとお安く借りられるなんてプランもあったり。
そんなこんなで、当日はレンタル着物でお参りすることにしました。

さてさて当日は…

息子は朝からスタジオへ行き着付をしてもらい一度帰宅。
家から徒歩10分程度の距離にある地元の神社で祈祷予定だったため、歩いて行くことに。出発してから間もなく、息子がノロノロ歩きなことに気づきました。聞いてみると

「この靴、歩きずらい…」

足の指の付け根が痛いというより足袋と草履が滑るのでかなり歩きにくいとのこと。
普段、運動靴しか履いていない息子。ですが夏にはビーチサンダルを履きこなし砂浜で走り回っていたので、てっきり草履も大丈夫だと思っていましたが…足袋という存在が盲点でした。
あれれ?写真撮影の時は何も言わなかったのに?と思いましたが、やはりツルツルできれいな床を歩くのと、いくら舗装されているとはいえ道を歩くのとでは要領が違うようで…。
当たり前といえば当たり前なのですが、当日の分刻みの着付予約やレンタル品なので汚してはいけないということばかり考えてしまい、そこまで気づいてあげられませんでした。

幸い、出発してから数分のところだったのでパパがダッシュで帰宅。いつもの運動靴を持ってきました。

トップの画像を見て、「あれ?何か変!!」と気づいた方、正解です。せっかくステキな着物を着ているのに足元がまさかの運動靴!!しかもまさか着物に合わせることになるとは思わず、前日遊んだ汚れ付き。ですが、運動靴に履き換えたお陰でスタスタ歩くことができ、家族全員ストレスフリー。運動靴を取りに行って大正解でした。

広い神社やお寺だと、到着後も中をかなり歩きまわることに。さらに砂利や土の場所が多くあったり、トイレが屋外にあるなんてことも。現地まで車で行くとしても、中でも結構出番がありますので、ぜひ履きやすい靴を一足持っていって下さい。

【おまけ】皆似ているから要注意!草履の取り間違え多発!!

本殿へ入る際、この草履は脱ぐのが一般的。そして当然、出る時には履きますよね?ここで取り間違えハプニングが続出するので要注意。

分かりますか?どの子も皆そっくりな草履を履いています。取り違えされていて違う草履が残っていても、それがうちの子がレンタルした物かどうかなんて気付けるかどうか…。
ですので、脱ぐ際には分かりやすく目印(事前に名前を書いたマスキングテープを貼っておくと、簡単に剥がせて汚れも残らないのでオススメ)をつけておくことをオススメします。ちなみに我が家の長男、実際に取り間違えしまして。すぐに気付いたので事なきを得ましたが、周囲にいた人たちにそれはそれはご迷惑をお掛けしてしまいました。

オシャレは足元からと言いますが、七五三も足元には気をつけて

(文/へそ野へちま)