バルセロナで混乱、車放火も

カタルーニャ州抗議デモ

©一般社団法人共同通信社

16日、スペインの州都バルセロナで、デモ隊と警官隊が衝突し、燃えるバリケードに突っ込んだ警察車両から離れる警察官(AP=共同)

 【パリ共同】スペイン最高裁が北東部カタルーニャ自治州の独立を問う住民投票を強行した前州閣僚らに実刑判決を言い渡したことに抗議する独立派のデモが16日、同州内で3日連続で行われた。州都バルセロナでは夜、再びデモ隊と警官隊が衝突したほか、一部の過激派が車に放火するなど混乱が続いた。

 地元紙バンガルディアなどによると、バルセロナでの夜のデモには約2万2千人が参加した。対峙した警察に向け多くの参加者がトイレットペーパーを投げ、警察が強制排除を図った際には一部の過激派が投石で応じた。警察は催涙ガスも使用した。

 ジローナなど州内の他の市でも、夜に衝突などが相次いだ。