KDDI、4K映像を撮影する5Gドローンを使った山岳登山者見守りの実証実験

©株式会社BCN

信州大学、長野県駒ヶ根市、KDDI、プロドローン、中央アルプス観光は、駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅周辺で第5世代移動通信システム(5G)を活用し、プロドローンのドローンを使った山岳登山者見守りの実証実験を10月16日に実施した。

4Kカメラを搭載したドローン

近年、山岳遭難事故は増加傾向にある。なかでも長野県は山岳遭難事故発生件数が日本国内で最も多い。遭難救助にあたり、遭難者の位置確認や現場状況の把握が困難な場面が多く、遭難現場の迅速な把握や救助隊員の負担軽減などが求められている。信州大学では山岳遭難者の増加と、それによる救助隊員の負担の増加が問題になっていることを受け、登山者の位置情報を把握し見守る「山岳登山者見守りシステム」の開発に取り組んでいる。

実証実験の様子

今回の実験では、山岳登山者見守りシステムによって登山者の遭難可能性が検出された場面を想定し、その位置に5Gタブレット、4Kカメラ、拡声器を搭載したドローンが自律飛行により飛来し、現場の確認、登山者の状況を把握する。発見時に5Gの高速大容量を活かした4Kカメラの映像と、拡声器での呼びかけにより現場の状況の正確な把握や遭難者の身体状況を山岳救助本部で判断し、救助の要否確認などを行うデモンストレーションを実施した。

実験イメージ

今後、各者は実証実験を通じて得られた結果と信州大学が持つ知見を組み合わせ、山岳登山者の見守りと救助支援の高度化を検討していく。