鶴岡東決勝へ、センバツに前進

秋季東北高校野球

©株式会社山形新聞社

〈鶴岡東―仙台城南〉1回表鶴東無死満塁、4番馬場和輝が左前適時打を放ち2点を先制する=盛岡市・岩手県営野球場

 岩手県で繰り広げられている第72回秋季東北地区高校野球大会は17日、盛岡市の岩手県営野球場で準決勝を行い、本県第1代表の鶴岡東が仙台城南(宮城第3代表)を10-0の六回コールドで下して決勝に進み、来春の全国選抜大会出場に大きく前進した。

 秋季大会での鶴東の決勝進出は初めてで、県勢としては羽黒が優勝した2004年以来、15年ぶり。

 鶴東は初回に打者一巡の猛攻で一挙5点を奪って主導権を握った。二回に4番馬場和輝の左越え適時二塁打などで2点、三回に押し出しの四球で1点を、それぞれ追加。六回に8番太田陽都の中前適時打などで2点を挙げて駄目を押した。

 鶴東は18日の決勝で、東北王座を懸けて仙台育英(宮城第1代表)と対戦する。

〈鶴岡東―仙台城南〉1回表鶴東無死満塁、4番馬場和輝が左前適時打を放ち2点を先制する=盛岡市・岩手県営野球場
〈鶴岡東―仙台城南〉1回表鶴東1死一、二塁、6番小林三邦が中前適時打を放ち1点を追加、3―0とする=盛岡市・岩手県営野球場
〈鶴岡東―仙台城南〉1回表鶴東2死二、三塁、8番太田陽都が左中間を破る2点適時打を放ち5―0とリードを広げる=盛岡市・岩手県営野球場
〈鶴岡東―仙台城南〉2回表鶴東1死二塁、4番馬場和輝が左越えの適時二塁打を放ち6―0とリードを広げる=盛岡市・岩手県営野球場
〈鶴岡東―仙台城南〉6回表鶴東1死三塁、8番太田陽都が中前適時打を放ち10―0とする=盛岡市・岩手県営野球場
〈鶴岡東―仙台城南〉1安打完封した鶴東の先発太田陽都=盛岡市・岩手県営野球場
〈鶴岡東―仙台城南〉1安打完封した鶴東の先発太田陽都=盛岡市・岩手県営野球場