18日(金)~19日(土) 被災地で大雨のおそれ

河川の増水・氾濫に警戒

©株式会社ウェザーマップ

 東日本と東北は、18日(金)から19日(土)にかけて雨が降り、大雨となる所がある見込み。台風19号による記録的な大雨により氾濫が発生し、河川堤防等が損傷を受けた地域や地盤の緩んでいる所がある。今後、少しの雨でも、洪水や土砂災害の危険度が高まるおそれがあるため、河川の増水や氾濫に警戒すると共に、土砂災害や低い土地の浸水に警戒・注意が必要だ。

週末にかけての全国の天気

 日本の南に停滞している前線が、18日から19日にかけて本州付近に北上し、19日朝には前線上の関東付近に低気圧が発生し、北東に進む予想だ。また、19日未明には山陰沖には別の低気圧が発生し、19日朝には北陸に進む見込み。

 このため、18日から19日にかけて、東北と東日本では低気圧や前線の影響で雨が降り、大雨となる所がありそうだ。

 東日本では17日(木)には雨が降り出し、18日から19日にかけて、東日本から東北の広い範囲で雨が降り、大雨となる所がある見込み。

19日(土)午前9時の予想天気図

 台風19による記録的な大雨により、東日本(関東甲信、新潟県、静岡県)と東北の太平洋側(福島県、宮城県、岩手県)では、多くの河川で氾濫や決壊が発生し、河川堤防等が損傷を受けた地域や地盤が緩んでいる所がある。これらの地域では、少しの雨でも洪水や土砂災害の危険度が高まるおそれがあるため、河川の増水や氾濫に警戒すると共に、土砂災害や低い土地の浸水に警戒・注意が必要だ。

予想される雨量

 また、19日は関東を中心に風も強まるおそれがある。被災した地域では、災害復旧作業への影響にも注意が必要だ。