天才シェフ役・木村拓哉は料理も一切手抜きなし!「1シーンの撮影だけで16人前調理」

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で10月20日にスタートする連続ドラマ「グランメゾン東京」(日曜午後9:00)の制作発表会見が行われ、主演の木村拓哉、共演の鈴木京香、玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹が出席した。主人公の天才シェフ・尾花夏樹役を演じる木村は「撮影は3話まで撮り終わり、いろんな“お皿”に手をつけていますので、出来上がったものを皆さんに最後までじっくり楽しんでいただければ」と手応えをアピールした。

ドラマは、かつてパリで二つ星のフランス料理店を構えていたが、慢心で全てを失った天才シェフ・尾花が、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会って再起し、世界最高の三つ星レストランを目指して「グランメゾン東京」を開店するストーリー。

最高の料理をテーマにしたドラマとあって、木村は「大変なのはスタッフの皆さんなんです。どんな色で、どのくらいの明かりを当てるのか、一番ベストな状態はどこなのかと。料理を作る僕らは味見もできますし、熱も感じます。でも匂いは届かない。ドラマを見てくださる方たちに、いかに美しく、絶対においしいんだろうなと想像を膨らませる映像を撮ってくれるスタッフが一番大変だと僕は思っています」と撮影スタッフの苦労を代弁。

さらに、自身も「ちなみにパリで倫子に手長エビのエチュベを作るシーンでは、あの1シーンの撮影で16人前を作りました。あとでスタッフがおいしくいただきました。もちろん全部自分で作っています」と芝居だけでなく、料理にも手を一切抜いていないことをアピール。パリ時代の尾花の共同経営者だったギャルソンの京野陸太郎役の沢村も「シェフ役のみんなは頭から最後まで料理の手順をすべて覚えた上で現場に入っているんです。適当に1カットごとにやっているんじゃないんです。ギャルソン役で作っていない僕が言うのも何ですが」と役者陣が料理シーンもすべてこなしていることを訴えていた。