小池知事「北方領土でやったら」

マラソンと競歩の札幌開催案

©一般社団法人共同通信社

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案について、東京都の小池百合子知事は17日、連合東京の会合のあいさつで「涼しいところというなら、北方領土でやったらどうか、ぐらいの声を連合から上げていただければと思う」と述べた。

 関係者によると、小池氏は会合で、国際オリンピック委員会(IOC)が唐突に変更案を発表したことに「青天のへきれき」などと不快感を表明。

 安倍晋三首相や大会組織委員会の森喜朗会長がロシアのプーチン大統領と親しいとして「平和の祭典を北方領土でどうだ、と呼び掛けてみるのもありだと思う」とも話した。