明石商の水上、東北楽天から7位指名 プロ野球ドラフト会議

©株式会社ラジオ関西

 17 日に開かれた、2019年プロ野球ドラフト会議で、明石市立明石商業高校の水上桂選手が、東北楽天ゴールデンイーグルスから7位指名を受けた。

3年生の部員と指名を待つ明石商の水上桂(前列中央)(写真:ラジオ関西)

 水上選手は、強肩と巧みなインサイドワークに加え、今夏の甲子園大会でホームランを放つなど、パンチ力も魅力の捕手。9月には、U-18日本代表にも召集された。

 なお、明石商の出身者では、昨年、松本航選手が、西武から1位指名を受け、入団しているが、日本体育大学を経ており、水上選手が入団すれば、高卒選手としては初。(ラジオ関西ニュース)