男性の4人に1人が夏場でもスキンケア毎日実施。化粧品メーカー調べ

©アルヒマーケティング株式会社

男性向けのコスメ市場の拡大にともない、CMや雑誌で「メンズ〇〇」といった商品を目にする機会が増えてきました。株式会社マンダムが25歳〜59歳の社会人男性399人を対象に実施した「社会人男性のスキンケアに関する意識調査」によると、4人に1人以上が「夏場でも毎日スキンケアを行う」と回答しました。肌の乾燥が気になる秋冬だけでなく、最近では季節を問わずスキンケアを行う男性が増えてきたようです。スキンケアを行う理由の1位は「最低限のマナー」となり、「トラブルケア」を上回りました。社会人男性のスキンケアに対する意識を深掘りします。

スキンケアを行う頻度は「毎日」が27.1%

スキンケアをする頻度は「毎日」が27.1%と4人に1人以上が毎日実施しているという結果になりました。次いで「週5~6日」7.5%、「週3~4日」6.8%、「週1~2日」6.3%、「週1日未満」7.8%と続くことから、半数以上の社会人男性がスキンケアをしたことがあると判明。男性でもスキンケアをする人が増えてきていることがわかります。

出典:株式会社マンダム ホームページ

スキンケアをする理由の1位は「最低限のマナー」で「トラブルケア」を上回る

スキンケアをする理由として最も多かったのが「最低限のマナーだと思う」で44.6%、次いで「肌状態の変化やトラブルを実感・指摘された」33.2%、「自信が持てる」26.2%、「部下や同僚からの印象を良くしたい」22.8%、「SNSなどで他人に見られる機会が増えた」14.9%と続きます。年代別では、肌状態の変化を感じやすいとされる40代が唯一「肌状態の変化やトラブルを実感・指摘された」が1位となった一方、まだ肌状態の変化を感じない20代は「印象を良くしたい」が2位に入っています。「トラブルケア」より、今は「最低限のマナー」としてスキンケアを捉えていることがわかります。

出典:株式会社マンダム ホームページ

スキンケアは「保湿」を重視、費用は1000円以内とリーズナブル

それでは、男性はどのようなスキンケアを日常的に行っているのでしょうか。そちらを調査したデータがあります。インターワイヤード株式会社が実施した「男性のスキンケア」のアンケートによると、スキンケアで重視しているのは「保湿・カサつきを抑える」が62.3%と最も多く、「皮脂や汚れを落として清潔を保つ」38.1%、「肌のコンディションを整える・保つ」34.7%となり、「保湿」を重視していることがわかります。

また、1か月あたりにスキンケアにかける費用は、「500~1000円」が最も多く、「1000円以内」が「1000円以上」をやや上回る結果になりました。年代別では、「1000円以上」が20代では45%となりトップに。30代では39.1%、40~70代では30%前後で推移していることから、若い年齢層ほどスキンケアに費用をかけていることがわかります。

さらに「どんなスキンケア用品を使っているか」という質問には、「洗顔料」45.2%、「乳液・保湿クリーム」33.3%、「化粧水・ローション」33.2%という結果に。中には「美容液」と答えた人が20代で18%にも上っていました。

(調査機関:インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチ「DIMSDRIVE」実施のアンケート「男性のスキンケア」https://dime.jp/genre/675564/)

まとめ

夏場でもスキンケアを毎日行う社会人男性。肌状態の変化やトラブルを実感したり、指摘されてスキンケアをしている人がいる一方で、「最低限のマナー」として捉えられているようです。若い人ほどスキンケアへの意識も高く、費用をかけていることから、将来「自信が持てる」「部下や同僚からの印象を良くしたい」「行動自体に楽しさや充実感を感じる」といった理由が「最低限のマナー」を上回る日も来るかもしれません。

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース提供元:株式会社マンダム