髙橋海人、金曜20時に“お引っ越し”の『でんじろうのTHE実験』に初登場 !

©株式会社フジテレビジョン

米村でんじろう先生とオードリー(若林正恭、春日俊彰)がお送りする、フジテレビ『でんじろうのTHE実験』。

このたび、金曜20時に“お引っ越し”となり、11月8日(金)20時~の初回放送に、King & Princeの髙橋海人が初登場する。

番組でおなじみのチョコレートプラネット、若槻千夏、そしてKing & Princeの岸優太と共演となる。

毎週金曜19時~放送のフジテレビ『坂上どうぶつ王国』にレギュラー出演中の髙橋は「動物の番組も科学の番組も幅広い年代の方が楽しめると思うので、たくさんの方に見ていただきたい」と意気込んで収録に臨んだ。

気合い十分のでんじろう先生に…

“お引っ越し後”初の収録に、気合が入るでんじろう先生。「僕もテンション上がりまくっています!今夜は大爆発でいきます!」とガッツポーズを決めたところで、収録がスタート。が、その様子を見た若林たちは、不安げな表情を浮かべる。

今回は、ネイルリムーバーなどに入っている「アセトン」や、オレンジオイルなどに入っている「リモネン」の身近なアイテムを使用した実験に挑戦。

「人間わたあめ実験」では、スポンジと発泡スチロールを用いて、でんじろう先生、岸、髙橋が、春日を“わたあめ人間”にしていく。

わたあめ人間にされていく春日俊彰

さらに、アセトンやリモネンのどちらかを風船に塗ると爆発する「ドキドキ時限破裂風船実験」にも挑む。

液体を塗った風船をゲストたちにどんどん投げつけるでんじろう先生。スタジオに鳴り響く爆発音にオードリーやゲストたちは大騒ぎ!実験後、岸は「小さい風船にしたら、お子さんも楽しめますね!」と感想を。

破裂寸前の風船を次から次に投げる米村でんじろう

ほか、“雪に変わる魔法の粉”を使った実験も紹介。 その“粉”で「人を埋めてみたい」というでんじろう先生の願望をかなえるため、準備万端、整える岸。ミニプールに座る岸に、全員で“粉”をかけて埋めていく。どんどん姿が見えなくなっていく岸に、若林は「ジャニーズにこんなことしていいの!?」と驚く。

それを見た髙橋は「今まで本当にありがとう…」と、心配そうな様子。春日やチョコレートプラネットらが「岸くん大丈夫?」と声をかけるが、でんじろう先生だけは「大丈夫ですよ!もう少し姿勢を低くできますか?」とためらいなく“粉”で岸を埋めていく…。

世界の天才科学者による不思議な科学実験のカラクリを、でんじろう先生が解明し、先生指導のもと、芸能人たちが体を張って実験を検証する『でんじろうのTHE実験』。“お引っ越し”を機に、さらにスケールアップしている。

<岸優太&髙橋海人コメント

左から)髙橋海人、 米村でんじろう、 岸優太

――髙橋さんは初めての収録でしたが、いかがでしたか?

髙橋:めちゃくちゃ楽しかったです!岸くんが出演させていただいている番組なので、以前からよく見ていました。体を張っている分、めちゃくちゃ爆発力のある面白い番組だなという印象でした。今回は自分が出演させていただけることになり、昨日の夜からずっとワクワクしていました。どんな実験があるのかなと思っていたけど、まさか岸くんがあんなことになるとは!

——岸さんから髙橋さんへのアドバイスは?

岸:全然ないです。収録が楽しいので、その空気感を楽しんでもらえたらと思っていました。

——岸さんはロケでもスタジオでも大活躍でしたが、見どころは?

岸:“雪に変わる魔法の粉”を使った実験での僕の埋もれ具合です(笑)。周りが見えているときは不安ですけど、だんだん視界が真っ白に変わって周りの声も全然聞こえなくなっていくと異空間にいるような…お母さんのおなかの中にいるような気分でした(笑)。

髙橋:リーダーが埋まっていくのを見ている時は、何と表現していいかわからない感情でした(笑)。「埋もれていくなぁ」と思いながら見ていました。かける側はかける側で、ずっと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

――代わってあげたいとは?

髙橋:それは一切思わなかったです!

岸:思えよ!少しは思えよ(笑)!

——実験は想像通りでしたか?

岸:聞いた時よりも想像以上でしたね。もっとサラサラした粉に埋もれるのかなと想像していたのですが、実際は身動きを取るのも難しくて少し焦りました。ゼリー状の感触が気持ちよかったです。

――若林さんが「ジャニーズにこんなことしていいの?」と言っていましたが、番組へ伝えたいことは?

岸:僕はむしろNGの境界線を越えて、もっともっとやらせてください!という気持ちです!

髙橋:お~!いいね!

岸:毎回毎回の実験が自分の想像を超えます。子供の時の気持ちを思い出すような、純粋な自分を出せる番組で癖になっています(笑)。

——髙橋さんはロケへの参加はいかがですか?

髙橋:ロケに出ている岸くんを見ているとすごく楽しそうだなと思います。僕たちは小さい頃から理科の時間が本当に好きで、科学反応がおきているのを見ているだけでワクワクしていました。それを今回はスタジオで間近で経験させてもらったので、ロケだともっと大規模な実験も経験できるのかなと思うと岸くんがうらやましいな、僕もやってみたいなと思いました。

——11月8日(金)は、『坂上どうぶつ王国』から髙橋さんは立て続けに出演しますが、意気込みは?

髙橋:僕たちが出演させていただいている番組を連続で見ていただけることはとてもありがたいです。僕たちはファンの方たち以外の方にも、もっと親しんでもらいたいと思っています。

動物の番組と科学の番組は幅広い年代の方が楽しめる番組だと思うので、出演させていただいているひとつひとつの収録を頑張っていきつつ、みなさんにたくさん見てもらえたらいいなと思います。そこに自分たちが力になれたらうれしいなと思います。

——今後、岸さんが『坂上どうぶつ王国』へ出演することも期待できますか?

岸:僕も一度、海人のロケに参加させていただきました。保護犬をテーマにしたロケで、命の大切さを学びました。本当に素敵な番組なので、僕もまた出たいです。僕も動物が好きなので、その魅力をもっともっと知りたいです 。