即位パレードは11月10日

政府、延期を閣議決定

©一般社団法人共同通信社

 政府は18日午前の閣議で、天皇陛下の即位に伴い22日に予定していたパレード「祝賀御列の儀」を延期し、11月10日に実施することを決定した。台風19号による甚大な被害を考慮した。国内外の賓客に即位を宣言される「即位礼正殿の儀」と祝宴「饗宴の儀」は予定通り22日に行う。

 台風19号の被災地では今も多くの人が避難所などでの生活を余儀なくされている。天皇、皇后両陛下は15日、台風19号被害について、宮内庁を通じて被災者へのお見舞いの気持ちを発表。政府はこうした両陛下の対応も踏まえ、台風被害が収束していない現状でパレードを開くべきではないと判断した。