広瀬すずさんのタートルネック重ね着スタイルで世界は平和に近づいたと思う

©103R株式会社

女優の広瀬すずさんが17日、都内で開催されたクロックス・ジャパンの「2019年秋冬キャンペーン記者発表会」に出席。タートルネックの重ね着という可愛すぎる姿で登場した広瀬さんは、好きなカラーや憧れの街「パリ」について語ってくれました!

同社のグローバルキャンペーンアンバサダーを務める広瀬さんは、オレンジとピンクのタートルネックを重ね、鮮やかなレッドのパンツ、 可愛いジビッツ(=アクセサリ)がたくさん付けられたホワイトのクロックスを合わせたスタイルで登場。ファッションのポイントを聞かれると「タートルネックを、重ねました。季節がちょっとずつ、寒くなってきたので」と笑顔を見せます。

キャンペーンテーマにちなみ、好きなカラーを聞かれると「一番落ち着くのは、やっぱり黒なんですけど、明るい色もだんだん最近は好きになってきて」と明かし「洋服とかは、意外と暗い色が多かったんですけど、最近は紫と緑が好きで」とも。きっかけを聞かれると「ないんですよ(笑)。なぜか好きになって。その色のニットとか、クロックスも可愛いなあって思うし、気になる色です」と話していました。

ここまで可愛いと、存在しているだけで、世界が平和に近づくんじゃないか…そう感じたのは、きっと私だけじゃないはず。それほどまでにキラキラ輝いている広瀬さんは、これまでに訪れた国内外で印象に残っている場所を聞かれると「10代の時に一度、パリに初めて行って。すごく街が印象的で、また大人になってもう一回行きたいなって、『大人になって行きたいな』っていうのを、初めて思って」と回答。

「何か所か、海外も行かせてもらったことがあるんですけど、『またこういうところに来れたらいいなあ』みたいな願望で、ずっと終わっていたんです」としたうえで「パリに関しては『また行きたい!』って。『絶対、大人になって一回来よう!』って思った街がパリで。未だに憧れがあります」とも。人々がたくさん集まっていた街の様子が素敵だと感じたそうで「プライベートで行ってみたいです。『わ~!』みたいな(笑)。自分で自由な時間をいっぱい(過ごしたい)」と続けていました。

その後、もし一週間の休みがあったら何をしたいか質問されると「田舎の方に行きたくなりますね。日本で」と返答し「キャンプとかじゃないですけど、本当に誰も人がいない自然の中に囲まれて、くわーって解放的になりたいですね」とニッコリ。朝ドラで長い時間を過ごした北海道をまた訪れたいと思っているそうで「(撮影では)ピンポイントで同じところに行っていたので。違うところも見てみたいなあって思ったりします」と話していました。