【全国紅葉の絶景】一幅の絵画のような、兵庫県の紅葉人気スポット

©株式会社オンエア

いよいよ、待ちに待った紅葉の季節が始まります。夏のエネルギーを蓄えたように、赤や黄色に染まる樹々は、私たちを圧倒しますね。全国各地には、美しい紅葉の絶景があります。そこで、TABIZINEでは「全国紅葉の絶景」を連載でお届けします。今回は、兵庫県の人気紅葉スポットです。

写真提供:豊岡市

燃えるようなドウダンツツジ 但馬安國禅寺<豊岡市但東町>

写真提供:豊岡市

650年以上の歴史を持つ「安国寺」は、樹齢約150年の「ドウダンツツジ」が色鮮やかに紅葉することで有名。本堂に上がって、ドウダンツツジを観賞する際は、本堂の座敷越しに眺めるのが定番。一般公開中(通常は非公開。2019年は11月7日(木)から11月20日(水) )は撮影タイムと観賞タイムを数分おきに入れ替えして、写真を撮りたい人、ゆっくり観賞したい人双方に配慮しているそうです。期間中はライトアップ(17:00頃〜19:00予定)も実施。

但馬安國禅寺(たじまあんこくぜんじ)

【紅葉時期】例年11月上旬~11月下旬

【住所】〒668-0324 兵庫県豊岡市但東町相田327

【紅葉祭り】一般公開 2019年11月7日(木)から11月20日(水)

ライトアップ 17:00頃〜19:00

【拝観料】大人300円

【関連サイト】但東シルクロード観光協会 安国寺https://tantosilk.gr.jp/sightseeing_spot/ankokuji/

湖畔の高台に佇む 長源寺<宍粟市波賀町>

写真提供:(公社)ひょうご観光本部フォトライブラリー

音水湖畔の高台にある「長源寺」は、秋の時期には山門、弁天堂が見事な紅葉に包まれます。境内には、豊臣秀吉が鳥取城攻略の際に立ち寄り、沓(くつ)を脱いだとされる「太閤石」があります。人が混み合わず、ゆっくり見られる穴場。

長源寺(ちょうげんじ)

【紅葉時期】例年11月上旬〜11月下旬

【住所】〒671-4204 兵庫県宍粟市波賀町引原328

【拝観料】無料

【公式サイト】しそうツーリズムガイド 長源寺

http://www.shiso.or.jp/leisure/?id=73

紅葉の森を散策 神戸市立森林植物園<神戸市北区>

写真提供:一般財団法人神戸観光局

写真提供:一般財団法人神戸観光局

六甲山地の一角総面積142.6haの広大な敷地に、自然生態を生かした約1,200種の樹木中心の「神戸市立森林植物園」。10月下旬から38種3,000本のモミジが順に色づき、特に長谷池周辺のウリハダカエデやイロハモミジ、神戸・シアトル姉妹都市提携15周年を記念して造られた「シアトルの森」のモミジバフウが人気。

神戸市立森林植物園

【紅葉時期】例年10月下旬~11月下旬

【住所】〒651-1242 兵庫県神戸市北区山田町上谷上長尾1-2

【紅葉祭り】ライトアップ 11月2日(土)~12月1日(日)

https://www.kobe-park.or.jp/shinrin/wp/wp-content/uploads/2018/09/もみじ2019A4チラシ.pdf

【入場料】大人300円

【公式サイト】神戸市立森林植物園 http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

一幅の絵画のような、兵庫県の紅葉の絶景。ぜひ、紅葉見物に訪れたいものです。

注意:記事掲載の情報は、2019年10月9日現在のものになりますので、実際の紅葉の状況やイベントなど詳細につきましては、各観光協会や施設に直接お問い合わせください。