【高校受験2020】福岡県立高入試、選抜要項を公表

©株式会社イード

福岡県 パンフレット「県立高校をめざすみなさんへ」

福岡県教育委員会は2019年10月18日、2020年度(令和2年度)福岡県立高等学校入学者選抜要項を公表した。特色化選抜は、新規実施となる遠賀を含め11校で実施。県立高校の魅力や高校入試を紹介したパンフレット「県立高校をめざすみなさんへ」がWebサイトに掲載されている。

選抜要項では、選抜日程や基本方針、入学定員、学力検査内容、通学区域に関する規則などを記載。昨年度(2019年度)からのおもな変更点は、個性重視の特別試験を水産(全学科)と福島(普通科)が廃止し、三井(普通科・コースを除く)が新たに導入する。調査書における特定教科の加重を3校が廃止し、実施校は北九州(普通科体育コースなど)など6校。学力検査における特定教科の加重を2校が廃止し、実施校は筑紫丘(理数科)など14校となる。

そのほか、特色化選抜を遠賀(全学科・コース)が新規実施。2020年度の特色化選抜は、遠賀、早良、太宰府(普通科一般のみ)、三井、三潴、田川、東鷹、西田川、直方(普通科一般のみ)、筑豊、鞍手竜徳の11校で実施となる。選考方法は、志願者全員に面接を行い、一部の学科・コースにおいて作文または実技試験を行う。調査書と面接などの結果をもとに選考し、合格者を内定する。

また、早良(全学科・コース)、三井(全学科・コース)、三潴(普通科スポーツ文化コース)の3校が推薦入学を廃止。小倉商業は推薦入学者選抜においてもくくり募集を実施する。

一般入学者選抜の学力検査について、検査教科は国語、数学、社会、理科および外国語(英語・リスニングテストを含む)で、県下同一問題で行う。各教科の配点は60点。

2020年度福岡県立高等学校入学者選抜の日程は、特色化選抜の面接・作文・実技試験が2020年1月24日と27日、推薦入学者選抜の面接・作文・実技試験が2月6日と7日、一般入学者選抜の学力検査が3月10日。合格者発表が3月18日午前9時に実施される。なお、学力検査当日、大雪による交通途絶など学力検査が所定の期日に実施できない場合は、後日追検査を行うことができる。

黄金崎綾乃