現役引退の楽天今江が登録名を変更、年晶から敏晃に

©株式会社Creative2

現役引退した今江が登録名を今江年晶から今江敏晃に変更【写真:荒川祐史】

今江は2001年にロッテ入団、15年オフにFAで楽天に移籍

 楽天は18日、現役引退した今江年晶内野手の登録名が今江敏晃に変更になったと発表した。現役引退に伴う措置。

 15日に現役引退を発表した今江は、PL学園から2001年ドラフト3位でロッテに入団。05、10年の日本シリーズでMVPを獲得するなど、2度の日本一に大きく貢献し、日本が初代に王者に輝いた2006年の第1回WBCにも出場した。

 FA権を行使して、2016年に楽天に移籍。今季は26試合の出場に留まっていた。(Full-Count編集部)