ゴルフ松山、70で8打差18位

米男子CJカップ第2日

©一般社団法人共同通信社

第2ラウンド、9番でラインを読む松山英樹。通算5アンダーで18位=ナインブリッジズ(共同)

 【済州島(韓国)共同】米男子ゴルフのCJカップは18日、韓国・済州島のナインブリッジズ(パー72)で第2ラウンドが行われ、15位で出た松山英樹は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算5アンダー、139で首位と8打差の18位に後退した。

 ジャスティン・トーマス(米国)が9位から63をマークし、通算13アンダーで首位に立った。安秉勲(韓国)、ダニー・リー(ニュージーランド)が2打差の2位。9アンダーの4位にジョーダン・スピース(米国)とエミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)が続いた。