ラグビー日本代表は「日本の景気後退」を食い止めることができるか

©株式会社マネーフォワード

ラグビー日本代表が快進撃を続けています。10月13日には、因縁の相手であるスコットランド代表を破り、史上初の決勝トーナメント進出を決めました。

これと対照的な動きをみせているのが、日本国内の景気です。

天候をはじめとした要因から、個人消費などの経済指標は7月分で一時的に悪化。8月分、そして一部結果が判明している9月分は、消費増税前の駆け込み需要も出て、底堅い内容になっていますが、米中貿易戦争に代表される不透明な国際情勢や消費税増税の影響などから、マインド指標は実態に比べて悪化が目立つ状態です。

今後はさらに、記録的な大雨と多くの河川での堤防決壊をもたらした台風19号による被害の影響が加わります。総合的にみると緩やかな回復が続いていると思われますが、微妙な局面でしょう。

こうした状況下、景気動向指数の機械的判断は、8月分で4ヵ月ぶりに景気後退の可能性が高い「悪化」に転じてしまいました。心理面からの悪化で本当の景気後退に入ることが回避できるかどうかの正念場です。


法人企業景気予測に表れた珍事

7~9月期の法人企業景気予測調査の大企業・全産業のBSI(前期と比較して「上昇」-「下降」)は、「貴社の景況」と「国内の景況」の動きが乖離する、大変珍しい結果となりました。

「国内の景況」は当期、翌期、翌々期と「下降」超が続くという結果です。一方、「貴社の景況」をみると、当期(7~9月期)は3四半期ぶりの「上昇」超に転じました。翌期(10~12月期)は消費増税が行われるので若干のマイナスと「下降」に転じるものの、翌々期(1~3月期)で再び「上昇」に転じるという結果です。

これは、米中貿易戦争に起因する世界経済の減速などを反映して国内の景況悪化は続くものの、「自分の会社は大丈夫」という考えの企業が多いことを意味しているようです。

また、日本銀行の「生活意識に関するアンケート調査」(9月調査)をみると、景気が「悪くなった」という割合は1年前の2018年9月調査の20.7から29.2へ、8.5ポイント増加。「良くなった」は7.4から3.2へ4.2ポイント減少しています。

そのように考える理由としては、「勤め先・自分の店の経営状況から」「自分や家族の収入の状況から」「商店街、繁華街などの混み具合をみて」という回答は、おおむね横ばいか、減少傾向。はっきり増加したのは、2.7ポイント増加の「マスコミ報道を通じて」と、2.2ポイント増加の「景気関連指標、経済統計をみて」の2項目でした。

世界経済の状況が不透明だという報道や、景気動向指数の機械的景況判断が今春3月・4月と一時的に景気後退の可能性を示唆する「悪化」に転じたことが影響したようです。しかも、8月分で再び景況判断が「悪化」に転じてしまいました。

意外に底堅い大企業・中小企業の非製造業

景気は輸出・生産に弱さがみられるものの、内需はしっかりしていて緩やかな回復局面が続いているとみられます。

9月調査の日銀短観でも、そのことが裏付けられました。大企業・製造業・業況判断DIは+5と3期連続悪化、6年3ヵ月ぶりの低水準になりました。しかし、9月下旬の米中協議への進展期待もあり、前回比2ポイントの小幅な悪化にとどまりました。

なお、先行きのDIが+2に悪化しましたが、こちらも先行きが見えない米中貿易戦争に起因する世界経済減速懸念などを反映したものでしょう。

一方、大企業・非製造業・業況判断DIは+21で、2期ぶり悪化。消費増税の影響で先行き+15に低下しますが、水準は2ケタのプラスで、なお高い状況です。中小企業・非製造業・業況判断DIは+10で前期比横ばい。5期連続2ケタのプラスで、底堅さを示唆しています。

なお、大企業・中堅企業・中小企業と製造業・非製造業の3×2の6つのカテゴリーで、6月調査の先行き判断を下回ったのは大企業・製造業だけ。他の5つは、事前の予想より良い結果となりました。

日本シリーズの顔合わせは景気に追い風

このように現在、景気の先行きは微妙な情勢といえます。こうした状況下で期待されるのが、明るい話題による心理面からの景況感の下支えです。

プロ野球セ・リーグは8年ぶりに巨人が優勝しました。これで昭和、平成、令和とそれぞれの時代の最初の優勝は巨人となりました。阪神戦に開幕から6連勝しており、「5連勝以上であればリーグ優勝できる」というジンクス通りの結果になりました。

なお、平成・令和とセ・リーグの巨人優勝が、パ・リーグの近鉄と西武の優勝決定よりも早いのです。令和元年も巨人の優勝決定後に、パ・リーグで西武が優勝しました。

この結果、クライマックスシリーズには、セ・リーグからは巨人、パ・リーグからはソフトバンクが勝ち上がりました。実は、日本シリーズの対戦カードとその年シーズン前のランキング合計との間に不思議な関係があります。

1986年から2018年のデータでランキング合計が2~5の人気球団がからんだ組み合わせは19回ありますが、景気拡張局面18回、後退局面1回、暦年の実質経済成長率の平均は1.84%。これに対し、ランキング合計が7~8の組み合わせは8回で、景気拡張局面3回、後退局面5回、暦年の実質経済成長率の平均は1.06%です。

しかも拡張局面3回は、すべて下剋上による日本シリーズ進出の年です。日本人の判官びいきの影響で、にわかファンが増えるのでしょうか。ランキング合計が6の組み合わせは6回で、景気拡張局面3回、後退局面3回、暦年の実質経済成長率の平均は1.53%と2~5と7~8のちょうど間になります。

今年は、人気ランキング1位同士の対戦なので、ランキングの合計は2となり、日本シリーズの期間が景気の拡張局面になる可能性が大きくなりました。なお、米国のメジャーリーグでもア・リーグ東地区でニューヨーク・ヤンキースが優勝するという、米国景気にとって明るい材料が出ました。

スコットランド戦翌日は大幅株高に

ラグビーワールドカップ2019では、日本がロシア、アイルランド、サモア、スコットランドに4連勝し、プールAを全勝で1位通過、初の決勝トーナメント進出を決めました。スコットランド戦の平均視聴率は39.2%、瞬間視聴率は53.7%と、日本中で盛り上がりがみられました。

ちなみに、裏番組となった大河ドラマ「いだてん」の平均視聴率は3.7%と、史上最低を更新しました。

10月13日のスコットランド戦直後の取引日となった10月15日の日経平均株価は、前日比+408円34銭の大幅高となりました。

日本大会組織委員会が公表した経済効果のうち、スタジアム整備費400億円、大会運営費300億円、国内客消費160億円、訪日外国人消費1,057億円を合計した直接効果は1,917億円です。これに間接効果を加えた経済効果は4,372億円になります。

観光庁によると、2018年の訪日外国人1人当たり旅行支出金額は英国が22.1万円、オーストラリアは24.2万円と、全体の平均15.3万円を上回ります。インバウンド消費が期待できます。

なお、ラグビーの試合でのラグビーファンのビール消費量はサッカーの試合の6倍になるといいます。前回2015大会では、スタジアムと野外ファンゾーンを合わせた消費量は190万リットル(350ミリリットル缶で540万缶相当)になるそうです。

ラグビーワールドカップ関連のCDも売れています。10月6日現在、日本テレビ系列応援歌・嵐の「BRAVE」は70.0万枚、7~9月期に放映されたラグビー部を舞台にしたドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌、米津玄師の「馬と鹿」は45.7万枚とヒットしています。

人気球団同士の日本シリーズやラグビー日本代表の活躍が、国民に元気や勇気を与えることになり、足元の心理面からの過度な悲観論を打ち消すことを期待したい局面です。