東日本と東北は大雨警戒

少雨でも洪水発生の恐れ

©一般社団法人共同通信社

 東日本と東北は19日にかけて非常に激しい雨が降る地域がありそうだ。気象庁は18日、台風19号による大雨で河川氾濫・堤防決壊が起きた地域、地盤が緩んだ地域は少雨でも洪水や土砂災害の危険が高まるとして警戒を呼び掛けた。復旧作業の際は安全確保が必要だ。

 気象庁によると、西日本から東日本の太平洋側に停滞している前線が18日夜にかけて日本海まで北上する。18日夜には前線上の山陰沿岸に低気圧が発生し、発達しながら19日夕方にかけて北陸や東北を通り、夜には三陸沖に進むとみられる。

 19日にかけて低気圧や前線に暖かく湿った空気が流れ込んで広い範囲で雨が降る。