被害総額1297億円 台風19号 対策本部発表 長野

©株式会社長野放送

長野県の対策本部はきょう18日、今回の台風19号による被害総額を発表しました。農業や土木施設など、現時点でおよそ1297億円の被害総額です。

県が18日昼の時点でのまとめで、発表した被害総額は、1297億3000万円余りです。このうち農業関係の被害はおよそ88億円。河川や道路などの土木被害は、およそ697億円。長野市で浸水被害があった「クリーンピア千曲」など、下水道施設などの被害は464億円です。

今も調査中の施設などがあり、今後、被害額は増える見込みです。なお県の発表に、一般住宅の被害額は含まれていません。