雨のパレード、アルバム『BORDERLESS』発売決定&福永浩平(Vo)のコメントも到着

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

雨のパレード

雨のパレードが4作目となるオリジナルアルバム『BORDERLESS』を2020年1月22日(水)にリリースされることが発表された。

今作は3人編成になってから初のアルバムリリースであり、前作『Reason of Black Color』以来、1年10カ月振りとなるオリジナルアルバム。雨のパレード第二章としての“ファーストアルバム”とも呼ぶべき『BORDERLESS』には、共同プロデューサーに蔦谷好位置(agehasprings)を迎えて制作された先行シングル曲「Ahead Ahead」「Summer Time Magic」「Story」「Trust」も収録される。明確に時代性と大衆性を意識したアプローチを追求したそれぞれの楽曲は、新生・雨のパレードがアンダーグラウンドからオーバーグラウンドへと羽ばたいていく確信に満ち、パッケージ化の要望も多かった話題の楽曲群だ。

一方で、アルバムには海外のエレクトロ・ダンスミュージックと共振して制作された曲や、DTMによる制作手法を中心としたセルフプロデュース曲など、世界水準のサウンドデザインをポップスへ昇華する、雨のパレード独自のコアミュージックも収録される予定。

公開された最新アーティスト写真も、異国情緒漂う洗練されたフォトグラフとなっているが、“何もかもを越えていく”という意志が込められたアルバムタイトルの通り、過去も、国境も、ジャンルも越えた先で手に入れた、“今の”雨のパレードを体現する、まさに"ボーダーレス"な作品に仕上がっている。バンド史上、最高傑作の誕生だ。情報解禁と同時に、ティザー映像も公開されたので、ぜひチェックしてほしい。

なお、アルバムは通常盤と完全生産限定盤の2形態。完全生産限定盤にはボーナスディスクとグッズが同梱される予定で、アルバム収録曲目とともに、後日詳細発表予定とのこと。

さらに、本作ではタワーレコードとAmazon.co.jpにて早期予約キャンペーンが実施されることも発表! 全国のタワーレコード各店(オンライン含む)およびAmazon.co.jpにて、12月22日(日)までに予約をすると、スペシャル特典として1曲入りCD『BORDERLESS Special CD』をプレゼント。ライブでリアレンジバージョンが人気を博していた、前作アルバム収録曲「Hwyl」「Dive」をメンバー自身によってリアレンジし、このために再レコーディングした貴重な音源を1曲収録したCDとなる。タワーレコードで予約をすると『BORDERLESS Special CD 「Hwyl (ver.2.0)」』が、Amazon.co.jpで予約をすると『BORDERLESS Special CD 「Dive (ver.2.0)」』が手に入る。

さらに、早期予約特典とは別にチェーン別オリジナル購入特典として販売店別のデザインが施されたステッカーが特典として付いてくることも発表。詳細はオフィシャルHPにて。

【福永浩平(Vo)コメント】

「雨のパレードが新体制になってから、初のアルバムをリリースします。

アンダーグラウンドもオーバーグラウンドも、洋楽も邦楽も分け隔てずに、
男女混合のバンド編成で、
タイムレスなサウンドを追い求めている。

そんな僕らを象徴する言葉が『BORDERLESS』。

今まで無意識に狭めていた視野を、今回のアルバムでは楽しみながら色々な方向に幅を広げ
新たなアプローチを詰め込みました。

格段にクオリティが上がっている自信があります。
お楽しみに」

アルバム『BORDERLESS』

2020年1月22日(水)発売

【通常盤】(CD)
VICL-65265/¥3,000+税
【完全生産限定盤】(CD+BONUS CD+GOODS)
VIZL-1696/¥4,800+税
※完全生産限定盤に付属するボーナスCD、グッズに関しては後日発表

◎チェーン別オリジナル先着購入特典
・TOWER RECORDS特典 (TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE)
オリジナルステッカー

雨のパレード オフィシャルHP