「懲役370年求刑されちゃった先生」村西とおるの超破格しくじりをオードリー・春日が解説!!

©株式会社東京ニュース通信社

10月21日のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(月曜深夜0:15)は、偉人の生涯から教訓を学ぶ企画「しくじり偉人伝」を送る。今回取り上げるのは“偉人”ならぬ“異人”? AV業界の奇才・村西とおる監督の人生にスポットを当てる。そして、「しくじり学園」の担任であるオードリー・若林正恭の相方で、アダルトビデオを見た数は芸能界一と自負する春日俊彰が講師として初登壇し講義を務める。

村西とおる監督は、現在71歳で、これまで手掛けたアダルトビデオ作品は3000本以上。アダルトビデオ界にさまざまな革命をもたらし“帝王”と称された。また、Netflixで配信され大ヒットを記録しているオリジナルドラマ「全裸監督」のモデルとして今、改めて脚光を浴びている。

しかし、そんな村西監督も壮絶なしくじりをやらかしていた。それは「前科7犯」「借金50億円」「懲役370年求刑」という常人では計り知れないスケールのしくじりの数々。今回、番組スタッフは実際に村西監督を取材し、なぜこんなにしくじってしまったのかを直撃。すると、「誰もやっていないことをやりたい性格なんです」と返答したという。

授業を前に村西監督は、「昭和最後のエロ事師、村西とおるの“こけつまろびつ”の恥しすぎる人生のご開帳でございます」と述べ、「“しくじり”などと生易しいことでは済まぬ、昭和最低の愚か者のつまずきの教えを、どうかご笑覧いただきたいのでございます。人生で大切な時とは、うまくいっている時の自分ではなく、希望を失った時の自分だといいます。そんな状況に陥ったあなたさまに“ドンマイ”のエールを送らせていただくのでございます」と村西節でメッセージを送った。

また、地上波放送直後の深夜0時45分からAbemaビデオでは、ちょっとエッチな部分も盛り込んだ「村西とおる監督」の授業完全版をオンエアする。