中学生らに暴力団活動を教示 組員逮捕

©株式会社沖縄タイムス社

(資料写真)パトカー

 那覇署は18日、中学生や無職の未成年3人に暴力団活動を教示するなどしたとして指定暴力団旭琉會二代目照屋一家構成員の當山大悟容疑者(23)を児童福祉法違反容疑で再逮捕した。署は捜査に支障が出るため認否を明かせないとしている。

 逮捕容疑は2018年11月上旬ごろから今年4月2日ごろまでの間、14歳と15歳の中学生2人を含む本島南部に住む未成年3人に対し、暴力団活動を教示したり、体に入れ墨を入れたりした疑い。

 署によると、容疑者は知人関係にあった少年1人を介して他の2人の少年と知り合い、少年らに「組に入れば楽して金が稼げる」などと話していたという。

 平敷昭人教育長は「大きな衝撃を受けている。教育委員会として、危機感を持って保護者・地域・関係機関と連携しこのような事件の未然防止に努める」とコメントした。當山容疑者は、組員らなどと共謀し、テナントビルに盗んだトラックを突っ込ませ案内板などを壊したとして、9月に県警に逮捕されていた。