フィギュア坂本2位、樋口が3位

スケートアメリカ、女子SP

©一般社団法人共同通信社

女子SPで2位につけた坂本花織の演技=ラスベガス(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第1日は18日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、女子ショートプログラム(SP)で昨季の全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)が73.25点で2位、昨年の世界選手権2位の樋口新葉(明大)が自己ベストの71.76点で3位につけた。

 昨年の全米選手権覇者のブレイディ・テネル(米国)が自己ベストの75.10点で首位。アンナ・シェルバコワが4位、エリザベータ・トゥクタミシェワが5位とロシア勢は出遅れた。山下真瑚(愛知・中京大中京高)は46.21点で12位だった。