え!? 佳子さま(24)が鍛えられた腹筋チラ見せのダンスを!? イギリスで学ばれたパフォーマンスとは

©TABLO

画像は『皇室ファッション革命―プリンセスの秘蔵写真とスクープ記事 (文春MOOK)』より

秋篠宮家の次女・佳子さま(24)が都内の市民ホールにてダンスを披露。その姿が美しくハツラツしていると話題です。

10月15日配信の週刊女性PRIMEの報道によると、佳子さまは町田市の市民ホールでのヒップホップダンススクール発表会にて、複数人のダンサーの中、センターでキレのあるダンスを披露。おヘソが見えそうな短いトップスにサイドを編みこんだポニーテールという、普段の清楚な姿からは想像もつかない攻めたファッションで観客を魅了したとのことでした。

この佳子さまのダンサー姿を受け、ネットでは、

「この道に進ませてあげよう」「かっけぇ…」「楽しそう」「佳子さまの腹筋がヤバすぎてびびった」「現役皇族のアイドルとかになってくれたら面白いな」

といった賞賛の声が続出。

佳子さまといえば『週刊新潮』10月17日発売号にて、自分が何かするたびにその振る舞いが批判されるため「今は日本にいたくない」と漏らしていたという関係者の言葉が掲載されていましたが…。

「佳子さまは以前からダンスがお好きなことで有名。イギリス留学中にはパフォーマンスについての講義を受けるなどしてダンスを本格的に学んでおられます。佳子さまのお立場で好きなダンスも活かせることができる職務を作ることができたらいいですよね」(女性誌記者)

そのキレのあるダンスで、国民を元気づけて欲しい!(文◎小池ロンポワン)