“差別芸人”『Aマッソ』テレビ出演に怒りの声「何で謹慎してないの?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Karlova Irina / Shutterstock

10月17日、女性お笑いコンビ『Aマッソ』が『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演したが、視聴者からはブーイングを受けてしまった。

背景にあるのは、先月22日に行われたお笑いライブで、2人がネタ中に発したセリフ。SNS等に上がった観覧客のリポートによると、2人は「薬局にある物で質問に答える」という漫才の中で、「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤!あの人日焼けし過ぎやろ!」と、テニスプレイヤー・大坂なおみ選手の肌を揶揄する発言をしていたのだという。

すると後日、「Aマッソ」の所属事務所はこの件に関し、

《ライブ中に、特定の方のお名前を挙げて、ダイバーシティ(多様性)について配慮を欠く発言を行った件につきまして(中略)深くお詫び申し上げます》

との謝罪文を公表。ここでは特定の人物や問題の発言を明らかにしなかったが、翌日に「配慮を欠く発言をした」として大坂選手の所属事務所に謝罪をしたことを公表し、「Aマッソ」の2人も「笑いと履き違えた最低な発言だった」「多くの人を傷つける発言をしてしまいました」とのコメントを発表している。

 

のうのうと出演する無反省ぶりに怒りが…

同騒動は、イギリスの大手メディア『BBC』でも報じられるなど世界にも広がっていったが、「Aマッソ」は活動休止や解雇等の処分は受けず、そのまま活動は継続することに。しかし、こうした甘さには批判的な意見もかなり多く上がっており、今回の「ダウンタウンDX」に対しても、ツイッター上では、

《Aマッソが平気でテレビ出れるあたり日本の人権意識の低さを感じるなぁ》
《普通にAマッソ不快やわ》
《Aマッソ出て偉そうにしゃべってて「誰が何言ってんの笑」って思ってしまう》
《ダウンタウンDXに何でAマッソ出てる。何で謹慎してないの? 不快。》
《Aマッソ=人種差別っていう印象しかないわ》
《冗談じゃないよ。ふざけるなよ。黒人の私は血の涙を流している》

などといった意見が見られている。

「この日の収録は騒動の後だったようで、松本人志は『Aマッソ、今日は軽い格好でね。今、オシャレな格好したらたたかれるから』と、騒動をチャカすようなコメントをしていました。しかし、発言の悪質さを考えるとこのように笑っていられるものでもなく、オファーした制作サイドも含め、かなり無神経な対応だったと言わざるを得ないでしょう」(テレビ局関係者)

人種の違いこそあるものの、それが外見的には区別しづらい日本人。人種差別に鈍感なのも仕方ないのかもしれないが、もっと神経を尖らせるべきだろう。

 

【画像】

Karlova Irina / Shutterstock