今度はヒーローになり損ねた? メンタリストのDaigoさんが台風19号で「避難所がペット拒否」を非難したら批判された件

©TABLO

猫アレルギーの人も辛いと思うんだよな〜(画像はイメージです)

10月15日、メンタリストのDaiGoさんが自身のTwitterを更新。先日の台風19号の際に一部の避難所がペットを受け入れなかったことについて批判を展開したのですが、その内容が物議を醸しています。

そのツイートがコチラ。

避難所のペットの受け入れについて言及したDaiGoさんのツイート

DaiGoさんはまず「今回の台風の避難について、ペットが多くの避難所で断られることが理解できない。大切な家族を見捨てて避難なんてできるわけないだろう。少なくとも赤の他人の命より、動物だとしても家族の命の方を優先するのは理解できる。ペット受け入れ可にすれば住民の避難はもっと迅速になったはず」とツイート。

続けて「ホームレスの受け入れ拒否が批判されるなら、ペット受け入れ拒否も批判されるべきだと思う。何度も言うが、人間の命の方が重いなんて綺麗事だ。家族の命の重さなら、ヒトも動物も関係ない」と綴るなどし、持論を展開していました。

DaiGoさんといえば今年8月、京都府警が遺族から公表についての承諾を得ていないにもかかわらず京都アニメーション放火事件で亡くなった方の実名を発表したことを受け、NHKをはじめ民放各社がニュース番組にて犠牲者の実名を読み上げたことに激怒。

自身のYouTubeで「僕、二度とテレビに出れなくなってもいいです」と言いながらNHKを始めとするマスコミに怒りの声を上げ、多数の人の支持を得ていた過去があります。

しかし、今回のペットの受け入れに関する意見については異を唱える人が多かったようで、ネットでは「お前が一番綺麗事言ってるじゃん」「アレルギーの身からすると、密集して逃げ場のない空間にペットがいるのは我慢ならない。好き嫌いとは違うんだよ」「私もペット飼ってるけれど、人間は人間、ペットはペットだよ。全ての飼い主がみんながみんな、避難所にペットと一緒に入れてほしいって思ってない」「もし何かあったら誰が責任とるの?」「そもそも動物を飼うという行為が傲慢だからねー」「ペット=犬・猫とか可愛い動物しか考えてなさそう。爬虫類とか、逃げたら大変な場合もある」とツッコミの声が殺到していました。

「“ペット避難所同伴”に関しての反発の声はどれも納得がいくものばかりで、今回ばかりはDaiGoさんも分が悪いのでは。最近のDaiGoさんはすっかりオピニオンリーダーのようになっていますが、今回のペットについての発言はフォロワーですら首をかしげてしまうお粗末な内容といえるのでは」(WEB編集者)

今回のペット受け入れ反対派の意見を受け、DaiGoさんは反論・もとい解決策を提示してくれるのでしょうか? 要注目です。(文◎小池ロンポワン)