韓国、検察改革派と野党が集会

チョ・グク氏辞任後、初の週末

©一般社団法人共同通信社

19日、ソウルの国会議事堂(奥)の周辺で開かれた検察改革を訴える集会(共同)

 【ソウル共同】韓国の首都ソウルで19日、チョ・グク法相の辞任を巡り文在寅大統領の任命責任を問う野党と、チョ氏が推進した検察改革の続行を訴える政権支持派が、それぞれ集会を開催した。

 大統領府に近いソウル中心部の「光化門広場」では、保守系の最大野党「自由韓国党」が支持者らを集めた集会を開き、文氏に謝罪などを要求した。

 黄教安代表は「検察はしっかり仕事をやっている。改革すべきなのは検察ではなく文政権だ」と訴えた。羅卿ウォン院内代表は「国民の力でチョ氏を辞任させた」と述べ、来年4月の総選挙に向けた党への支持を呼び掛けた。

19日、ソウルで開かれた保守系最大野党「自由韓国党」の集会に参加する支持者ら(共同)