離脱・残留派市民が集結、論争も

合意案審議の英国会議事堂前

©一般社団法人共同通信社

19日、ロンドンの英国会議事堂周辺で、英国旗を羽織った男性ら(中央)と、欧州連合(EU)の旗を掲げる男性(左端)(共同)

 【ロンドン共同】「今すぐ離脱し歴史的な日に」「2度目の国民投票が必要だ」―。英国と欧州連合(EU)がまとめた離脱合意案の英下院での審議が行われた19日。ロンドンの英国会議事堂周辺には多数の市民が集結してユニオンジャック(英国旗)とEU旗が掲げられ、離脱派と残留派がそれぞれシュプレヒコールを上げた。双方が言い争いになる場面もあった。

 英メディアによると、同国議会が土曜日に審議を行うのは1982年のフォークランド紛争以来。

 「(合意案が承認されれば)今日は歴史的な日だ」「もう一度国民投票を実施すれば必ず残留派が勝つ」などの声が聞かれた。