15分が限界!? 『ニッポンノワール』に離脱者続出の理由とは…

©株式会社anoetto

 10月13日より、賀来賢人主演のドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(日本テレビ系)の放送が始まった。同ドラマの放送枠は、これまでに『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』『あなたの番です』が放送されてきた注目枠。しかし第1話では、視聴者の膨れ上がった期待に応えられない出来となったようだ。

●おすすめ記事 速水もこみち『MOCO’Sキッチン』“クビだった”説が加速!? 違和感だらけの『最終回』とは

ドラマは、主人公の刑事・遊佐清春(賀来賢人)が山小屋で目を覚ますところから始まる。その横には、女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の亡骸が…。なぜかここ数ヶ月の記憶を失っている清春は、自分が碓氷を殺したのか、誰かにハメられたのか、と戸惑いながらも、自分なりに捜査を進めていくことにする。

 しかし警察の内部では、清春を犯人と断定して動く者が多く、清春は事件の容疑者となってしまう―――というストーリーだ。

 ドラマはハードボイルドなノリで進行し、罵り合いや乱闘が頻発。また、登場人物はアニメキャラ並みの、現実感のないぶっ飛んだ性格をしている。

そのため、『3年A組』『あなたの番です』ときて、再び推理ドラマを楽しみにしていた層は、このノリについていけないようで、

「15分で挫折した なんでああいうノリにしてしまうのか」
「見始めて15分。 離脱していいですか。笑 なんかノリが苦手…」
「初っ端からノリがサムいな…もっと硬派でガチガチの刑事物期待してたのに」

といった落胆の声が上がっている。

 そんな視聴者の反応と正反対の主張を繰り返しているのが、主人公の清春。なにか物語に展開があると、決め台詞のように「面白くなってきたじゃねえか!」と叫ぶのだが、これに対して

「こっちは面白くなりません」
「面白くなってないwww」
「面白くないよ!」
「面白さを強要される圧を感じる」

とったツッコミが。

 これほど視聴者と制作陣の温度差があるドラマも、珍しいかもしれない。

●「絵ットニュース」他のイラスト 指原莉乃“猫好き芸能人”の胡散臭さ! 「猫殺処分」を勧める“人間のクズ”