瑛太が子どもの運動会からさっさと姿を消し、残された木村カエラは不機嫌に… 女性週刊誌が激写で波乱

©TABLO

画像は『いちご (初回限定盤)』より

10月17日配信の週刊女性PRIMEが、都内の有名幼稚園の運動会に参加したタレントたちの姿が掲載し、その中で特に瑛太・木村カエラ夫妻の様子がネットで注目されています。

記事によると、10月上旬に都内の幼稚園にて運動会があったといい、瑛太&カエラ夫妻の他、V6の井ノ原快彦・瀬戸朝香夫妻、東貴博・安めぐみ夫妻、魔裟斗・矢沢心夫妻も来ていたとのこと。

目撃者情報では、瑛太さんは運動会中、ビデオカメラを回して子どもを撮影したり熱心に応援していたものの、帰りは1人で帰ってしまったとのこと。その後、瑛太さんから5分ほど遅れてカエラさんが子ども2人を連れて帰宅していたものの、大きなリュックや手荷物などを持っており、不機嫌そうな表情を浮かべるなど大変そうな様子を見せていたとのことでした。

実際写真を確認すると、他の芸能人夫婦は父親が荷持を持ったり子どもを抱っこする、手を引くなどする働きを見せており、軽装で1人で帰っていく姿を撮影されていたのは瑛太さんだけでした。お仕事だったのでしょうか?

しかし、 このニュースを受け、ネットでは瑛太さんの好感度が急降下しています。

「荷物なにひとつ持たないで何様なの?」「妻子置いて一人でさっさと帰る時点でどうかと思うけど、せめて荷物は持ってあげなよ…」「瑛太ってモラハラ気質なのかな…」「奥さんがふたりも子ども連れて歩いてるのに、荷物も持たないとは。そりゃカエラもイライラするでしょ。思い遣りが感じられない」「前にコンビニで撮られた時も瑛太一人で先歩いてカエラが子供2人連れてた…」といった声が。またカエラさんに関しては「カエラは子供の為に瑛太の事を色々我慢してそう」「その状況じゃ、カエラの人柄に関係なく険しい顔にもなるわな……」と同情の声が上がっていました。

「トイレに行きたかった、次の仕事があったなど夫婦にも事情があったのでしょうが、イメージダウンしたのは間違いない」と語るのはテレビ局関係者。

「瑛太さんは2018年5月26日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ)に出演した際、カエラさんの絵本を宣伝するなど愛妻家の一面を見せて絶賛されていました。それなのに、こういった日常の場面で自己中な素振りを見せられてしまうと、ファンはガッカリしてしまうでしょうね。身長180cmと大柄な瑛太さんが155cmと小柄なカエラさんに荷物&子ども丸投げはさすがにカッコ悪いかと」(同上)

次回のプライベートショットではかっこいい父親&夫の姿を見せてほしいものです。(文◎小池ロンポワン)