G20、認知症の人と共生社会を

保健相会合が宣言採択

©一般社団法人共同通信社

G20保健相会合での共同宣言採択を受け、記者会見する加藤厚労相=20日午後、岡山市

 岡山市で19日から開かれていた20カ国・地域(G20)保健相会合は20日、「高齢者に優しく、認知症の人と共生する環境を促進する」とした共同宣言を採択して閉幕した。今回、同会合で高齢化への対応策が初めて主要テーマとして議論された。世界的に高齢化が進むことを見据え、支援の重要性を共有した形だ。

 宣言は「認知症のリスク低減や早期発見、健康に年を重ねるための研究開発を促進する」と、予防の重要性を強調。偏見をなくすことや支える家族や介護者への支援、介護の質向上に向け各国が行動計画を策定することの必要性を盛り込んだ。