綾野剛を総シカト?『スッキリ』出演者に批判「嫌いなの?」「かわいそう」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

綾野剛 

(C)まいじつ 

俳優の綾野剛が、10月18日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、ナレーション役・天の声を務めた。

普段は『南海キャンディーズ』山里亮太が担当している天の声だが、金曜日だけは「天の声ゴールド」として毎週担当者が変わっている。その正体は出演者にも隠されており、この日も司会の加藤浩次は「僕、会ったことありますか?」と天の声の正体を探っていった。

天の声がナレーションを務めるのは、芸能ニュースをクイズ形式で届ける「クイズッス」のコーナー。また、この日のコーナーには、夜7時から始まる新番組『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』MCの佐藤隆太と劇団ひとりも参加し、天の声進行のもと、芸能ニュースに触れていった。

コーナー内で綾野主演映画『楽園』が公開されたことに話題が及ぶと、天の声は「この映画の主演を務めるのは、僕の大親友の綾野剛君なんです」と自らの正体をニオわせながら映画を宣伝。これを聞いた加藤は天の声が綾野と気付いたのか、「(普段と)声ちょっと違うねぇ」とニヤけるも、ひとりは「柄本明さん?」などと別人を予想するボケを披露していく。

 

「綾野剛が無視されている」との印象に?

ここで、天の声は『ハリセンボン』近藤春菜に「綾野剛の演技はどうですか?」と話を振ったが、加藤の「ひとりがまだ天の声、分かんないんだって」という逆フリにかき消されてしまい、話題の中心はひとりに移ってしまうことに。その後も、ナレーション進行を務める天の声とスタジオ出演者はうまく絡むことができず、互いに一方通行な印象が否めないやり取りが繰り広げられていった。

綾野にとってナレーションは慣れない作業だったのか、上手にかみ合わなかった今回の番組。すると、視聴者は「天の声を無視してスタジオが盛り上がっている」と感じたようで、ネット上には、

《スタジオほんと人の話聞かないな》
《劇団ひとりは綾野剛が嫌いなんだろなww》
《さっきからスタジオゲスト>綾野剛だよね》
《天の声ちょっとかわいそう》
《「春奈さん綾野剛の演技はどうですか」 → 全く聞いてないシカトして別の話へ》

などの感想が…。

番組名に反し、朝からスッキリしない光景となってしまったようだ。