【東洋ミスコンインタビュー】森 日奈野さん

2019ミスファイナリスト・No.2

©TOYO Press

森尾 伊久美

TOYO Press Editor

森尾 伊久美

TOYO Press Editor

陸上競技を中心に、東洋大学のスポーツを取材しています。

森尾 伊久美の記事一覧を見る

 東洋大学白山キャンパスで毎年秋に行われる「白山祭」のイベント「東洋大学ミスミスターコンテスト」。TOYO Pressがミス・ミスター候補者にインタビューする第2弾。エントリーNo.2、森日奈野さん(社・2部社会2年)にインタビューしてきました!

インタビュー記事一覧

ミスコンに出てみて

―――髪、バッサリ切りましたね!
 元々、成人式の前撮りが終わったら切ろうと思っていたんですけど、前撮りが終わった次の日にミスコンの宣材写真の撮影で、切って似合わなかったら嫌だったのでそのまま伸ばしてました。夏には切ろうと思ってたから、バッサリいきました!

―――ミスコンに出場にしたきっかけを教えてください!
 友達が勧めてくれたんですけど、去年のミスコンとか東洋大学にミスコンがあるのを知らなくて(笑)結構、目立ちたがり屋なんですよ。幼稚園のときも、マーチで指揮者やったり、中高の時も委員長とかやっていて。大学に入ってからそういうのが無かったから、楽しそうだなと思って、最終的には自分で決めました。

―――ミスコンに参加して、変わったことはありますか?
 みんな結構応援してくれて、SNSをフォローして拡散してくれたりとか、友達の輪も広がりました。学校に行く途中や遊びに行くときに、「あれ、東洋のミスの人じゃない?」って聞こえたときもあって、ミスコンすごい!と思いました。

学生生活について

―――2部生ってどんな生活をしてるんですか?
 1部の人は2部の授業は取れないんですが、2部の人は1部の授業も取ることができるので、興味がある授業があれば午前中から大学に行くときもあります。そう思うと、2部ってお得ですよね。水曜なんか1限と5〜7限という時間割で、空いてる時間は友達と白山から巣鴨や東京ドームのほうのおしゃれなカフェを開拓しています。

 1部の人は授業のあとにバイト行く人が多いと思うんですが、2部の場合、先にバイトしてから授業に行くので、それで良いリフレッシュになるし、バイト先も授業があるのを知っているので、残業を頼まれません(笑)それに、2部だと授業の前に友達とランチやお茶をしてから授業を受けることもできます。

 元々、スケジュールを詰め込んで、時間に追われるくらいが好きなんです。バイトもトリプルワークで、昼夜逆転してるわけではないですが、明け方から夜中までみっちり活動してます(笑)

―――ダンスサークルに入られています。
 小さいときからダンスをやっていて。お姉ちゃんがプロのダンサーなんです。幼稚園入る前くらいから新体操やったり、小学生のときはチアダンスをやったり。今は、ヒップホップも入れたりジャズも入れたりという、ジャンルレスな踊り方が好きです。サークルでは、先輩に教わって覚えるだけでなく、自分で考えてみんなに教えるみたいなこともやっていて、ガッツリ踊ってます。

―――夏休みはどこかへ出掛けましたか?
 本当は旅行に行きたかったんですけど、ミスコンとサークルとバイトでかなり予定がぎゅうぎゅうで…。でも一度だけ両親と休みが合って、富士山のほうに行こうってなったんです。でもだんだん道が混み始めちゃって。静岡に入ったくらいのところで、あとちょっとだったんですが引き返しました。そのあと、住んでいる東京を通り越して、なぜか千葉のコストコに行きました(笑)

―――理想の男性像は?
 例えば、朝起きて「お寿司が食べたい!」と思ったら、絶対その日にお寿司が食べたいんですよ。(笑)だから、「お寿司の気分じゃない」じゃなくて「じゃあ、お寿司行こうよ!」って誘ってくれて、わがままを聞いてくれる人がいいです。
 あとは、あんまり会わなくても大丈夫な人だといいかな。結構自分が予定を詰め込むタイプだから、元々あった予定を断ってまで会いたくはないんです。例えば、バイト終わって3時間後にサークルがある、みたいな日だと、「じゃあその3時間でご飯行こうよ!」って、私のスケジュールに合わせて提案してくれると嬉しいです。あまり会えない分、二人でいるときはめちゃめちゃ可愛がってほしいです!

食べ放題のあとに…

―――服やコスメのこだわり、教えてください!
 服はLOWRYS FARM(ローリーズファーム)やViS(ビス)で買うことが多くて、女の子っぽいけどブリブリしない大人っぽい服が好きです。でも、あまりブランドにこだわらず衝動買いします(笑)
 コスメも割と頻繁に買います。リップは質感が気に入ったら、同じ種類の色違いを3本くらい買ったりとか。結構ズボラなので、「このチークの色かわいい!」と思ったら、チークだけどリップとして使ったり、アイライナーが薄くなってきたらアイブロウに変えたりとか。コスメも色んなものを試して気に入ったらリピートします。
 ミスコンの活動で特に普段のケアを変えたことは無いですが、結構汗っかきなので、口コミを調べて汗に強いコスメを試したりしてます。

―――趣味も特技も食べること…食いしんぼうなんですね?
 食べ放題に行くにしても、2部生だとランチに行くことになるので、ディナーより料金が安くて時間制限も長いことが多いんですよね。新大久保で焼肉の食べ放題に行ったとき、お肉だけじゃなくて野菜もデザートもがっつり死ぬほど食べたんですけど、そのあと新宿まで歩いたらスイーツパラダイスがあってまた食べ放題に行って、いっぱいケーキを食べました(笑)結構そういうことやっちゃうんです。
 学食だと6号館の韓国料理屋『赤とん』が好きです。辛いものが好きなので、蒙古タンメンに行ってみたいですね!女性ひとりだと行きづらいので、一緒に行く人、募集してます!

―――ありがとうございました。
ありがとうございました!


イベント情報、お寄せください

TOYO Pressでは、学内外で活動する東洋大生・院生・教職員・サークルの活動を応援しています。記事化・イベント取材をご希望の方は、メールフォームから情報をお寄せください。