【東洋ミスターコンインタビュー】三宅 広大さん

2019ミスターファイナリスト・No.1

©TOYO Press

相澤一朗

TOYO Press Chief Editor

相澤一朗

TOYO Press Chief Editor

東洋大学とメディアの「今」を自然体で発信していきます。

相澤一朗の記事一覧を見る

 東洋大学白山キャンパスで毎年秋に行われる「白山祭」のイベント「東洋大学ミスミスターコンテスト」。TOYO Pressがミス・ミスター候補者にインタビューする第5弾。ミスターエントリーNo.1、三宅広大さん(済・総合政策3年)にインタビューしてきました!

インタビュー記事一覧

候補者同士は「適度な緊張感」

―――突然ですが、なぜミスターコンテストに出ようと思ったんですか?
 もともと興味があったのですが、友人からの誘いで決めました。

―――ミスコンに出てから変化はありましたか?
 自分が出るまでは、ずっとバチバチしている、緊張しているイメージでした。実際出てみて、そこまでではないし、適度な緊張感を持てていると思います。ファイナリストとして活動してからは、良い自信を持てるようになったと思います。

学生生活について

―――サークルには入られていますか?
 入っていませんが、テニスと野球とフットサルのサークルに入っていましたが、忙しくなってきたので徐々に止めました。人は多くて良かったんですが、行けないことが申し訳なくなって。行かないならお金が勿体ないと感じました。

―――もともとスポーツを?
 野球はショートを守っていましたが、強くはないです笑
 ただ、一番飛んでくるのでよく動けはします。巨人の坂本選手は尊敬する選手です。テニスは最初15人いた部活だったんですが、7人に減ってしまったんです。でも、その7人が朝練にもしっかり参加して、僕らの代で何年かぶりに県大会の団体戦に出ることができました。おかげで部室を貰えることができたんです。高校ではテニスにかけていました。

―――学科ではどんなことを?
 総合政策学科で花岡ゼミに所属していています。新任の先生で、自分たちが1期生です。みんなが気合を入れて「ゼミの名前を残そう」と活動しています。ディベートとプレゼンのようにコミュニケーション能力に係る内容が多いですね。最近はビブリオバトルをしています。『かがみの孤城』(ポプラ社刊)は、分厚いですが面白いのでおすすめです!

―――アルバイトはされていますか
 ベーカリーレストランで接客をメインにアルバイトしています。作業系よりも、動いて人と話している方が自分に合っているんですよね。今度、新しくできる別の店でも働く予定です。

―――この夏行った場所を教えて下さい
 東京タワーのお化け屋敷に行きました。怖いのは好きではないんですが、見たくないけど見てみたいと言うか。友達に連れて行かれたんですけどね。他にも、ディズニーランドに行きました!
 家に車が2台あって、よく運転します。バイト行くときも車ですね。ドライブデートも楽しそうですけど、現実的にはどうかな。今行きたいのは長島スパーランドです。お兄ちゃんが行ってきて、絶叫マシンが「富士急より怖い」と聞いて行きたくなっちゃいました。

―――怖いものがお好きで…?
 遊園地では、絶叫系は好きですね!

東洋大学について

―――東洋大学を受けた理由は 東洋大学が第一志望でした。正直、東洋ならどこでも良かったんです。高校で無理やりオープンキャンパスに行く機会があって、たまたま東洋大学だったんです。そこで

―――大学のおすすめスポットはありますか?
 8食(8号館食堂)はよく行きます。おいしくて空いているところがポイントですね。日替わり定食やオムハヤシはおすすめです。6食もいいんですが、8食のほうがアクセスもいいですし。授業の合間は学科の友達とよく8食に居ます。

趣味

―――普段音楽は聞かれる方ですか 邦楽・邦画がほとんどですね。RADWIMPSが好きで「夢番地」をよく聞きます。映画『天気の子』も、ラッド目当てで見に行きました。ほかには、あまり知られていないかもしれないんですが「サイダーガール」というアーティストが好きです。『エバーグリーン』はおすすめの1曲です。コアなバンドが好きなんです。

―――他にも趣味はあるんですか?
 ゲームも好きです。友達とでも一人でもできるので、特にスマブラはずっとやっています。あとはボードゲームも長くハマっています。「カタンの開拓者たち」という、世界大会も開かれるゲームがあるんです。自分でもダンボールを組み合わせてルールもしっかり決めるんです。高校くらいまではポケモンのキャラクターを自作もつくっていたんですよ。
 あと、実は最近ピアニカにハマっています。家にあったのを吹いていたら、以外にも。

「自分を見失わないよう」

―――ミスターのファイナリストに選ばれたときはどうでしたか? 
 相当嬉しかったですね。まさか自分がとは思ってなくて。メールで通知が来るんです。怖すぎて、スマホの通知欄をタップするのに5時間かかりました笑。

―――当日への意気込みをお願いします! 
 当日は自分を見失わないように頑張りたいと思います!

―――ありがとうございました!


イベント情報、お寄せください

TOYO Pressでは、学内外で活動する東洋大生・院生・教職員・サークルの活動を応援しています。記事化・イベント取材をご希望の方は、メールフォームから情報をお寄せください。