黒部峡谷で男性2人死亡、滑落か

富山・北アルプス

©一般社団法人共同通信社

 富山県の北アルプス・黒部峡谷で20日、別々に登山をしていた男性2人が県の防災ヘリコプターに相次いで救助されたが、いずれも全身を強く打っており間もなく死亡が確認された。滑落したとみられ、県警が身元を調べている。

 黒部署によると、午前8時5分ごろ、標高約950mにある水平歩道で「人が滑落した」と近くにいた登山者から110番があった。県の防災ヘリコプターが約100m下の岩場で倒れている男性を発見した。

 上市署によると午後2時ごろにも、標高約1050mの白竜峡近くの登山道から約20m下の河原で横たわる男性が見つかった。所持品などから山梨県の50代男性とみられる。