春風亭昇太、結婚で自虐ネタが使えず…『笑点』視聴率大幅ダウンで”あの人”と交代か

©株式会社サイゾー

“まだ結婚できない男”でいたほうがよかった?

 日本テレビの看板番組『笑点』の視聴者離れが止まらない。10月13日放送回は平均視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前回の15.3%から2.3ポイントの大幅ダウンとなっている。

「かつては視聴率20%をとっていた『笑点』ですが、現在は13~15%あたりをウロウロ。悪いときには10%を割るときもあります。故・桂歌丸さんが2016年に番組を引退してからリニューアルし、新司会に春風亭昇太が就任。新レギュラーとして40代の林家三平を抜擢するなど若返りを図り、バラエティ路線へと方向転換したことが『軽すぎる』との批判につながっていました。しかし、ここにきて落ち幅が大きくなっている原因は、司会の昇太にある。“結婚できない男”というキャラが最大の武器だったのが、6月に結婚したため自虐ネタで笑いが取れなくなってしまったことが大きい」(テレビ誌ライター)

 苦戦が続いていることで、日テレでは期間限定で司会を交代させる案も検討されているという。

「三遊亭円楽にやらせてみてはとの声が多く出ています。円楽は脳腫瘍のため療養していましたが、10月6日放送で大喜利コーナーに復帰。来年、70歳を迎えるタイミングでもある。それに、またいつ病状が悪化する智限らない。花道を作りつつ、今のバラエティ路線から歌丸時代の落語的な笑いやユーモアへ戻したい狙いもあるようです」(テレビ関係者)

 既婚者の阿部寛が主演している『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の視聴率が伸び悩んでいるのも、『笑点』と同じ理由なのかもしれない。