ジョコ大統領、2期目就任

首都移転や経済成長が課題

©一般社団法人共同通信社

就任宣誓式で演説するインドネシアのジョコ大統領=20日、ジャカルタ(大統領府提供・共同)

 【ジャカルタ共同】4月のインドネシア大統領選で再選したジョコ大統領(58)が20日、首都ジャカルタの国民協議会議事堂で開かれた就任宣誓式で、2期目の大統領に就任した。任期は5年。3選禁止のため最後の任期となる。新たに打ち出したカリマンタン島東部への首都移転を軌道に乗せられるかどうかや、1期目に推進したインフラ開発の継続、経済成長の加速が課題となる。

 就任式でジョコ氏は「われわれの夢は、独立から1世紀となる2045年に国内総生産(GDP)を7兆ドル(約760兆円)にし、世界5位以内の経済大国になることだ」と演説した。