この秋冬の食事は『チ金麦鍋』で楽しもう!さらに進化した【金麦×チキンラーメン】のコラボレーション

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

秋冬の食卓の定番メニューといえば…? 鍋料理を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

「金麦」ブランドを展開するサントリービール株式会社(以下、サントリービール)が、「金麦と鍋」のプロモーションをスタートしてから、今年で10年目を迎えます。サントリービールが日清食品株式会社(以下、日清食品)とコラボし、具材に「チキンラーメン」を使った鍋料理とのペアリングを提案する『チ金麦鍋(ちきんむぎなべ)』プロモーションは、2018年に初登場し、SNSを中心に大きな反響を呼びました。

今年は、その『チ金麦鍋』がさらに進化! 本記事では、バラエティ豊かな『チ金麦鍋』を金麦とともに楽しむ試食会の詳細をお届けします!

■『チ金麦鍋』専用チキンラーメン登場!

2019年1~6月に、上半期としての過去最高の販売数量を更新した「金麦」ブランド。「普段の食事に合うバランスがいい味だと感じた」「食事と一緒に飲むとより美味しく感じることができそう」など、「食事と合う」という評価を多く得ています。今年で10年目を迎える「金麦と鍋」のプロモーションですが、去年登場した日清食品とのコラボ『チ金麦鍋』プロモーションの高評価を受け、今年は何と「『チ金麦鍋』専用チキンラーメン」が開発されました。

日清食品マーケティング部の藤島聖マネージャーによると「通常のチキンラーメンと比較して、塩分量を約20%抑えて、だしのきいた鍋や濃厚な味わいの鍋にも合うようにしています。また、伸びにくいよう食感も若干固めにしています」とのことです。

今年新登場した「『チ金麦鍋』専用チキンラーメン」(非売品)。

■「金麦」各ブランドに合う『チ金麦鍋』オリジナルレシピ!

「金麦」「金麦<ゴールド・ラガー>」「金麦<糖質75%オフ>」の3種類を展開する「金麦」ブランド。試食会では金麦に合う料理のレシピを数多く開発してきた料理研究家の武蔵裕子氏が登壇し、どの「金麦」ブランドにも合う「みそちゃんこ『チ金麦鍋』」の開発話を披露しました。

調理のポイントは、「『チ金麦鍋』専用チキンラーメン」を鍋の締めではなく最初から入れること。煮立ってきたら、鍋の真ん中に専用チキンラーメンを入れて、お馴染みの“たまごポケット”に卵黄を載せると、見た目も楽しく仕上がります。その後は、麺と卵黄を鍋の具材と馴染ませて出来上がり。にんにくとしょうがが効いたスープはチキンラーメンにも、もちろん金麦ともよく合います。3種の「金麦」それぞれに合う『チ金麦鍋』も紹介されました。

卵黄を載せると見た目も楽しい。写真は「みそちゃんこ『チ金麦鍋』」。
「驚くほど食事に合う」のキャッチフレーズどおり、鍋料理とも相性抜群の金麦。
「金麦」に合う「豆乳マーボー『チ金麦鍋』」。
「金麦<ゴールドラガー>」に合う「タッカルビ風『チ金麦鍋』」。
「金麦<糖質75%オフ>」に合う「ガーリック黒酢『チ金麦鍋』」。
左からサントリービールマーケティング本部ブランド戦略部の因幡雅彦氏、日清食品マーケティング部第3グループマネージャーの藤島聖氏、料理研究家の武蔵裕子氏。

■【『チ金麦鍋』専用チキンラーメン付き「金麦」6缶パック】10月23日(水)より全国で数量限定新発売!

本記事で紹介した『チ金麦鍋』専用チキンラーメンが「金麦」とセットになった商品が、10月23日(水)より全国で数量限定で販売されます。「金麦」「同<ゴールド・ラガー>」「同<糖質75%オフ>」6缶パックには『チ金麦鍋』専用チキンラーメンが1袋(非売品)、24缶ケースには『チ金麦鍋』専用チキンラーメンが2袋(非売品)とオリジナルれんげ(2個)が付いています。

『チ金麦鍋』は、レギュラー商品のチキンラーメンでも楽しめます。その際は、水の分量を増やしたり、調味料を減らしたりして工夫し、金麦との相性を楽しんでくださいね。

「金麦」「同<ゴールド・ラガー>」「同<糖質75%オフ>」6缶パックには『チ金麦鍋』専用チキンラーメンが1袋(非売品)が付きます。

寒い季節が近づいてきました。今夜は、「金麦」片手に『チ金麦鍋』を楽しんでみませんか。