台風20号影響、関東など大雨恐れ

©株式会社福井新聞社

台風20号の予想進路=2019年10月21日午前6時現在(気象庁HPから)

 台風20号(ノグリー)は10月21日午前6時現在、奄美大島の東約290キロ付近を1時間におよそ35キロの速さで北東に進んでいる。気象庁によると22日には温帯低気圧に変わる見通しだが、強風や高波、土砂災害や低地の浸水、河川の増水、竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風の北に停滞中の前線に21日にかけて台風周辺の暖かい湿った空気が流れ込み、活動が活発化する見通し。台風は四国沖に達する22日朝には温帯低気圧に変わり、前線を伴いながら22日夜にかけて西日本から東日本の太平洋側を北東に進みそうだ。温帯低気圧は強い風が吹く範囲が広がりやすく、引き続き注意が必要だ。

 21日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄25メートル(35メートル)、奄美20メートル(30メートル)。波の高さは沖縄6メートル、奄美5メートル。21日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で九州南部100ミリ、沖縄、奄美80ミリ。その後の24時間は伊豆諸島、東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ、東北50~100ミリ、北陸約50ミリ。

 台風20号は21日午前6時現在、中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径70キロ以内が暴風域。