サンドウィッチマンが“名物客”の情報提供を呼び掛け! 麒麟・川島と新バラエティー

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系では10月25日からバラエティー「ウワサのお客さま」(午後8:00、レギュラー放送は金曜午後9:00)をスタートさせる。

同番組は隠れた名店からすでに絶大な人気を誇る人気チェーン店まで、日本中のさまざまな店舗の情報を収集。店員の間であだ名がつくほどウワサになっているお客さまを探し出し、密着取材でその訳を深く掘り下げていく。過去2度の特番放送の好評を得て、ゴールデン枠でのレギュラー放送が決定した。MCを務めるのはサンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)と麒麟の川島明。

伊達は「全国各地にスーパーやお店があるので、名物お客さんというのは必ずいる。長く続く番組になるはず。もっといろいろな人を見たくなる」と魅力をアピールし、「全国各地のお店の方が“うちにもいる!”と情報を寄せていただければ番組として取材させていただくこともあると思うので、情報をお持ちしております」と呼び掛けた。

富澤は「終始ふざけているのかと思ったら、家族の感動系もあるので驚いた。そんなテイストもたまには見てみたい。全国を飛び出して世界でもいいので、いろいろなお店の情報がほしい」と期待する。

川島は「特番時代からやっていて、まさかこんな明るいスタジオでレギュラー番組になるとは思わなかった。特番時代は正月のドタバタした時期にリハーサルルームで収録して、ドッキリではないかと思った。でもVTRが面白くて楽しかった。ゴールデン番組だと気負わず、目立たず、はしゃがず、長くやれたらうれしい」と長寿化を希望していた。