〔交通事故死者〕群馬県で2019年計42人に、下期112日目で上期総数に並ぶ(10/20)

©株式会社レスキューナウ

10月20日(日)午前、館林市で交通死亡事故が発生し、群馬県内での2019年交通事故死者は計42人、7月以降の下期4か月弱で計21人と、上期総数と並びました。また、うち65歳以上の高齢者は少なくとも22人と半数強を占めています。
なお、都道府県別での下期交通事故死者上期総数到達は、沖縄県(9/26)、北海道(10/1)、高知県(10/8)、兵庫県(10/13)、香川県(10/16)に次いで6道県目です。

【群馬県内での2019年交通事故死者数】(10月20日現在:速報値)
・ 1月:6人(+4) うち高齢者4人(+3)
・ 2月:0人(-2)      0人(-1)
・ 3月:1人(-4)      0人(-2)
・ 4月:6人(±0)      3人(+1)
・ 5月:3人(-4)      0人(-2)
・ 6月:5人(+5)      4人(+4)
・ 7月:4人(-1)      2人(-1)
・ 8月:6人(±0)      1人(-2)
・ 9月:6人(-1)      4人(-1)
・10月:5人(-1)      4人

・6.97日に1人の割合(上期8.61日/下期5.33日)
・都道府県別:総数25位 増減数20位 増減率21位 人口10万人比30位
・年間死者数:2018年64人 17年67人 16年62人 15年68人 14年67人
 うち高齢者:   36人   38人   35人   34人   42人