「電車が止まった」「雨が止んだ」で居場所が特定されるかも…デジタルストーカー対策

©株式会社J-WAVE

瞳に映った景色を手掛かりに女性アイドルの居住エリアを特定してあとをつけ、わいせつな行為をした20代の男が逮捕されたニュースを受け「デジタルストーカーの恐怖とその対策」について、ITジャーナリストの三上洋さんに詳しく訊いた。

【10月16日(水)『STEP ONE』の「BEHIND THE SCENE」(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)】

■瞳に映ったランドマークから駅を特定した犯人

サッシャ:瞳に景色が映って場所がわかってしまった......どういう話なんでしょうか?
三上:ファンがアイドルのSNSの投稿を見ると、写真の瞳に駅の特徴的なランドマークが映っていた。それをきっかけにアイドルの住んでいる最寄りの駅を特定して、そこで待ち伏せをしていたんですね。そこから尾行をするなどして、最終的には暴力を振るうようなことをしてしまった。(被害者だと思われる)人の写真を見ると、けっこう黒目がはっきりしているというか、目をパッチリとさせて撮っているので、確かになにか映るように見えるんですよ。なので(写真を)全部見比べていって、場所を特定したのかもしれません。
増井:1枚の写真ではなく、いろいろとSNSに上げられていたものを見ていた?
三上:今回のランドマークの話は1枚の写真ですけども、ファンの方はSNSでの今までのツイート、インスタグラムの投稿を積み重ねて見ています。

■SNSの投稿で気をつけなければいけないタイミング

三上:1番怖いのは今回の台風。「停電をした」「うちのそばで水が出た」「電車が動いた、動いてない」と、みんなツイートしましたよね? それで場所が大体わかります。「雨が一瞬止んだ」とか、このタイミングで雨雲レーダーのログを見ていけば「ここは雨が降っていなかった」とわかる。現在、台風の影響で武蔵小杉のタワーマンションが大変なことになっています。私は川崎市に住んでいるんですが、私の知り合いで「あ! 武蔵小杉のタワマンに住んでいたんだ」という人が、ツイッターとフェイスブックを見ているだけで、もう数人出てしまい「こんな有名人がこのタワマンにいたんだ」ということがわかってしまう。みんな台風や災害だったら仕方がない、バレてもいいと思ってやっていますけど、長期間SNSをやっていくとそれが段々と積み重なって情報がわかります。

また、建物の上の階の窓から撮る写真についても、撮影された場所に赴けば、角度や横に立ったビルの見た目から、写真を撮った場所が何階の何号室といったことまで推測できると三上氏は注意を促した。

■料理の素材の写真のなかに潜んでいる情報

三上:料理の写真を撮るときに「今日はこの素材を使います」と並べて、上からパチっと撮るじゃないですか。そういったときに、スーパーのパッケージにはスーパーの名前が書いてあるわけです。肉や野菜のパッケージには近くとは限らないけども、そこのスーパーの名前があるので、自宅特定の材料になります。インスタグラムのお料理写真でやってしまいがちです。

■写真から間取りを推測するファン...インターネット生放送では自宅を特定されることも

三上:有名なタレントさんが自分の家で飼っている犬のアップの写真を繰り返し上げていたんです。ファンの方はそれを全部ストックして、間取りを推測で書いた。それをテレビ番組で「これでしょ?」と出したらほとんど合ってるんです。背景を写さないように犬のアップだけなんですよ? でも、部分的にドアや壁が写っていると間取りがわかる。

インターネットを使っての生放送も、自宅の特定につながるリスクがあるという。

三上:インターネットで生配信をしている生主(生放送主)さんや、ネット放送のタレントさんというのはかなり早く自宅を特定されるんですよ。生放送をしているときに、当然バレてはいけないから窓は映さないんです。でも太陽の光は入ってくるので、影は出るわけです。そうすると「何時何分にその影が出たということは」と、その窓の向きが正確にわかる。

窓の方向が分かれば壁の向きもわかるため、正確な建物の形が出ている地図アプリを使って候補の建物をあぶりだし、それを順次確かめて特定に至るケースがあるのだそう。

■マンホール、靴下の跡、ルッコラの葉脈から情報を得るネットユーザー

三上:「車を買いました」「カーシェアでこの車今日借ります」と写真を撮ります。ボンネットにマンションが映ってたりすることがあります。フェイスブックにその写真があったがために「このマンションだろう」と特定された例が実際にあるんです、車だと広い範囲で映るので。

情報の流出を警戒したアイドルが、風景を写さないように真上から地面を撮る際にも思わぬ落とし穴があるのだとも語った。

三上:上からだと可愛く撮れるし、地面だけ写ればいいだろうと上から撮ったらマンホールが写っていた。マンホールは自治体ごとにものが違う。マンホールのマニアの方がいらっしゃるので、マンホールが出ると「ここで撮影しましたね」ということを言われてしまう。

追っかけファンの洞察力でアイドルが驚かされた例もあるそうだ。

三上:追っかけのファンの方ってすごくて、アイドルの方が素足の写真を載せたら微妙に靴下のゴムの跡がついていたんですけど、その模様でどこのブランドの靴下かを当てた人がいるんですよ。これは有名な話で、そのファンはもともと、そのアイドルが食事の写真を上げると、カロリー計算をしてくれるという有名な人で、そうしたらその人がいきなり靴下のブランド名まで当てて、本当に当たってて、アイドルさんがびっくりしたという話。

「葉脈」の形からカップル認定されてしまうことも。

三上:自分の家でルッコラを使っていた。AさんとBさんが撮った葉っぱの写真の葉脈(ようみゃく)がほぼ同じなので「この人たちは付き合っているんじゃないか?」と疑惑が出たことがある。ファンの方々が「そうではないか」と言っている段階で、それが事実かどうかはわかりませんが。

さらには、映り込みが原因で「ネカマ」が判明してしまったことも......。

三上:あとはよくあるパターンは、写真を撮ったらテレビ、パソコンの画面に自分の顔が映っちゃうという形で、いわゆる"女性のフリをしているツイッターアカウント"が「私、今日こんなところにいるの」と撮ったら、実はおじさんが映っていたという(笑)。

■投稿をする前に気をつけることは「時間差」と「背景」

三上:そのときにその場所にいるということがバレたら困るので、台風でも停電でも、1時間後とか少し時間を置くんですね。観光地での旅行の写真もそうです、その場で上げないで少しタイミングをずらしたほうがいい。あとは写真を上げるときに「この背景でバレないのかな、大丈夫なのかな」と、穴の開くほど背景をチェックしていただきたいです。熱烈なファンやストーカーといった心当たりがなければ、そこまで気にすることではないですが。

また、三上さんは熱烈なファンやストーカーとSNSで遭遇した場合に「ブロック」の機能を使いたくなるが、相手を逆上させる可能性があるため「ミュート」や「サイレンス」機能を使うようにとアドバイス。「写真はアップをする前に、本当によくチェックをしていただければ」と再度注意を促していた。

『STEP ONE』のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」では、気になるニュースの裏側から光を当てる。放送は月曜~木曜の10時10分頃から。お聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月23日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/