市内に まちかど美術館 があるのを知っていますか @習志野市

©株式会社サンケイリビング新聞社

街歩きを始めてからだいぶ経ちますが、歩いているとふと目に止まる像が所々にあることに気がつきました。

その数カ所を写真に撮ったりして楽しんでいたら、ある時、こんなパンフレットが目に入りました。

出典:リビング千葉Web
出典:リビング千葉Web

「習志野まちかど美術館ガイドマップ」 開いてみるとなんと28か所もあることがわかりました。

これは面白い! 街歩きのテーマにできる! 全てを見て回ろうと小さな計画を立て、何回かに分けて歩いてみることにしました。

作者は23名で、それにプラスすること中学美術クラブの作品がひとつ。

中でも近代彫刻に大きな足跡を残した彫刻家の舟越保武さんの作品が5体ほどあります。

またパンフレットによると、舟越さんに数々の若手の作家を紹介してくださったとの記述もあります。非常に影響力が大きかった方だということが分かりますね。

以下、舟越さんの作品を二体ほど。

出典:リビング千葉Web
出典:リビング千葉Web

美術クラブの作品はこれです。

出典:リビング千葉Web

また、京成谷津バラ園にはバラに似合う美しい像が5体あり、バラの季節になると、花に更に花を添えています。

出典:リビング千葉Web
出典:リビング千葉Web

個人的に一番面白い発見はハミングロードにある鬼っ子です。

見てください! この像をみていると、なんか愉快になってきますね。

出典:リビング千葉Web

いろいろあって面白いと思いませんか? 計28体を以下のホームページにアップして、まとめてあります。ぜひ皆さん、時にはこんな像を巡って街歩きを楽しんでみませんか?

ところで、パンフレットには載せていないけれども、像は計54体あるとのことで、残りは皆さんで探してみませんか?

習志野市内 まちかどにある像 一覧

ガイドマップ作成の経緯などは、まち歩きを楽しもう!~習志野まちかど美術館~(なるほど習志野:R1年9月号)で紹介されていますので、参考にしてみてください。

なお、ガイドマップは市役所2階の社会教育課、公民館、図書館などに置いてあるそうです。