かつてないほど熱狂したラグビーワールドカップ敗退後に日本代表が思ったこと。

©BuzzFeed Japan株式会社

目次

  1. 9月20日から日本で開催されているラグビーワールドカップ。
  2. 稲垣啓太選手は、試合中に危険なタックルをかけて一時退場となった南アのムタワリラ選手と、熱い和解の抱擁。
  3. 相手からボールを奪う「ジャッカル」を何度も成功させ、スタジアムを沸かせた姫野和樹選手。
  4. ドレッドヘアの堀江翔太選手。松任谷由実さんのツイートをリツイートしていました。
  5. 南ア出身で日本代表となったヴィンピー・ファンデルヴァルト選手。「すべてのサポートに感謝します」
  6. 俊足を活かしW杯で4トライを決めた福岡選手。医師を目指すため、15人制ラグビーはこれで引退します。
  7. 日本W杯史上初のハットトリックを決めた松島幸太朗選手。「日本ありがとう」と対訳でツイートしました。
  8. 経験を活かした試合運びが光った田中史朗選手。166センチの小柄な身体で世界と闘い、チームをリードしました。
  9. 強烈なタックルと巧みなステップで勝利に貢献してきた中村亮土選手。「日本がONETEAMになれたと思います」
  10. 南ア戦で君が代を歌いながら流した涙が印象的な流大選手。ジェイミー・ジョセフ監督へ感謝の言葉を。
  11. 4年後のワールドカップで闘う日本代表の姿が、今から楽しみです。日本代表はこれから、どんな進化を見せるのでしょうか

9月20日から日本で開催されているラグビーワールドカップ。

日本各地で今までにないほどラグビー熱が高まりました。

史上初のベスト8進出を果たした日本は,10月20日の南アフリカ戦で敗れました。

長年にわたる過酷な練習に耐え、試合でピッチを縦横に駆け抜けた選手たちが、Twitterに心境を綴っています。

稲垣啓太選手は、試合中に危険なタックルをかけて一時退場となった南アのムタワリラ選手と、熱い和解の抱擁。

相手からボールを奪う「ジャッカル」を何度も成功させ、スタジアムを沸かせた姫野和樹選手。

ドレッドヘアの堀江翔太選手。松任谷由実さんのツイートをリツイートしていました。

南ア出身で日本代表となったヴィンピー・ファンデルヴァルト選手。「すべてのサポートに感謝します」

俊足を活かしW杯で4トライを決めた福岡選手。医師を目指すため、15人制ラグビーはこれで引退します。

日本W杯史上初のハットトリックを決めた松島幸太朗選手。「日本ありがとう」と対訳でツイートしました。

経験を活かした試合運びが光った田中史朗選手。166センチの小柄な身体で世界と闘い、チームをリードしました。

強烈なタックルと巧みなステップで勝利に貢献してきた中村亮土選手。「日本がONETEAMになれたと思います」

南ア戦で君が代を歌いながら流した涙が印象的な流大選手。ジェイミー・ジョセフ監督へ感謝の言葉を。

4年後のワールドカップで闘う日本代表の姿が、今から楽しみです。日本代表はこれから、どんな進化を見せるのでしょうか