NHKが本気で狙う元SMAP全員の“揃い踏み”出演、紅白歌合戦で超サプライズ企画が進行中か

©株式会社サイゾー

 あの5人がついに集結!?

 今年の『NHK紅白歌合戦』は“ジャニーズ祭り”となりそうだ。音楽関係者が語る。

「白組司会を桜井翔が務めるほか、例年通りジャニーズ枠は5組で、今年は嵐、Sexy Zone、King&Prince、Kis-My-Ft2、ジャニーズWESTが有力視されています。さらには、7月に亡くなったジャニーズ事務所前社長、ジャニー喜多川氏を追悼する企画もほぼ決定。歴代のヒット曲を事務所の将来を担うSixTONESやSnow Manがカバーする演出が検討されているようです」

 しかし、NHKが狙う本丸は元SMAP5人の揃い踏みだという。前出の音楽関係者が続ける。

「来年はパラリンピックが開催されますから、国際パラリンピック特別親善大使を務める稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の『新しい地図』が、スペシャル枠で同大会のテーマ曲を披露することが決定しています。さらに、ここにきて木村拓哉が年明けにソロでアーティストデビューすることを発表。CDセールスなどの実績はまったくないものの、やはりスペシャル枠での出演の噂が出ている。残るは中居ですが、音楽活動は事実上廃業しており、紅白に絡ませるのはなかなか難しいところ。頭を悩ませた末に、彼がプロデュースするキスマイを応援する形でなら呼べないかという案が持ち上がっているようです」

 和解演出とまでは行かなくても、同じ会場に5人が勢ぞろいとなればファンにとっては激アツもの。実現できるかNHKの腕の見せ所だ。